TrueCryptに対するEvil Maid攻撃に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

TrueCryptに対するEvil Maid攻撃に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月9日、ハードウェアの暗号化を行うソフトウェア「TrueCrypt」に対するEvil Maid攻撃に関する検証レポートを発表した。この攻撃を暗号化されたハードディスクに対して行うことで、暗号化を解除するためのパスフレーズを窃取される

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は11月9日、ハードウェアの暗号化を行うソフトウェア「TrueCrypt」に対するEvil Maid攻撃に関する検証レポートを発表した。この攻撃を暗号化されたハードディスクに対して行うことで、暗号化を解除するためのパスフレーズを窃取される可能性がある。同社では、このTrueCryptのEvil Maid攻撃について検証を行った。

 検証は、TrueCrypt 6.3がインストールされたWindows XPをターゲットシステムとして、TrueCryptのパスフレーズ入力を記録するプログラムが格納されたUSBメモリを挿入して実施された。コンピュータを起動することでブートローダが書き換えられる。この結果、ターゲットシステムのTrueCryptのパスフレーズ窃取に成功した。これによりハードディスクの内容を閲覧できる。コンピュータを直接、第三者に操作されないよう管理することを推奨している。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20091109.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×