個人情報登録などの際に利用者が安全性を確認できるWebシールを発行(パイプドビッツ) | ScanNetSecurity
2021.09.20(月)

個人情報登録などの際に利用者が安全性を確認できるWebシールを発行(パイプドビッツ)

 株式会社パイプドビッツは4月22日、インターネットユーザーがWebサイト上で個人情報などを登録する際に、認証機構により安全性を確認できる「スパイラルシール」の発行を開始した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社パイプドビッツは4月22日、インターネットユーザーがWebサイト上で個人情報などを登録する際に、認証機構により安全性を確認できる「スパイラルシール」の発行を開始した。

 本シールは、同社の情報管理システム「スパイラル」を利用する顧客企業向けに発行する安全性証明シール。顧客企業のWebサイト上のフォームから登録される情報が、パイプドビッツの「スパイラル」のデータベースに送信され、安全に管理されることを説明・証明するもの。シールは「送信確認シール」「リンク先確認シール」「ページ確認シール」の3種類があり、シールをクリックすると、「スパイラル」を契約している企業の「組織名」及びそのWebサイトの「ホスト名」などが表示され、利用者が安全性を確認できる仕組みになっている。「スパイラル」の付属サービスのため発行料は無料。

http://www.pi-pe.co.jp/news/backnumber/20090422_02.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×