サイトが改ざん被害、原因は管理PCのウイルス感染(薬事日報) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

サイトが改ざん被害、原因は管理PCのウイルス感染(薬事日報)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社薬事日報社は4月24日、同社ウェブサイトに不正アクセスがあり、一部のファイルが改ざんされた問題について続報を発表した。サイトが改ざんされていた期間中に同サイトにアクセスした際に感染する可能性があったウイルスについて、セキュリティベンダなどによる名称は確認していないが、sqlsodbc.chmの改変、コマンドプロンプト・レジストリエディタが起動不能になる、Internet Explorerの動きが著しく不安定となる、PCのFTP通信を監視し「設定情報」を記録(推測)、「設定情報」を取得したWebサーバの改ざんといった動作が確認されているという。

 また、今回の不正アクセスの行程について、次のように推測している。
1.「同サイト」を管理していた「社内PC」1台にコンピュータウイルスが感染
2.コンピュータウイルスは感染した「社内PC」のFTP通信を監視
3.コンピュータウイルスは感染した「社内PC」のFTP通信で使用された「設定情報」を記録
4.コンピュータウイルスは記録した「設定情報」を同社とは無関係の外部サーバに転送
5.外部サーバは「設定情報」を利用し「同サイト」にFTP通信で不正にアクセス
6.外部サーバは「同サイト」のhtml,php,js等のウェブ関連ファイルの一部をダウンロード
7.外部サーバはダウンロードしたファイルに悪意あるスクリプトを一定条件のもとに挿入
8.外部サーバはダウンロードしたファイルを「同サイト」にアップロード


http://www.yakuji.co.jp/oshirase00004.html

https://www.netsecurity.ne.jp/1_13219.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×