サイバー空間で最も危険な有名人はブラッド・ピット(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

サイバー空間で最も危険な有名人はブラッド・ピット(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 マカフィー株式会社は10月9日、McAfee SiteAdvisorテクノロジを使って、インターネット検索時に最も多く危険なサイトが表示されるハリウッドスターのリストを作成、内容を発表した。2年目となるこの報告書によると、インターネット検索で最も危険な有名人は、パリス・ヒルトンを抜いてブラッド・ピットがトップになった。「Brad Pitt」(ブラッド・ピット)、「Brad Pitt downloads」(ブラッド・ピットのダウンロード)、ブラッド・ピットの壁紙、スクリーンセーバー、写真を検索するファンは、18%の確率でPCがスパイウェア、スパム、フィッシング詐欺、アドウェア、ウイルスや、その他のマルウェアなどのオンライン脅威に感染する可能性があるという。なお、2位はビヨンセ、3位はジャスティン・ティンバーレイク、4位はハイディ・モンタグ、5位はマライア・キャリーとなっている。


http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_08b.asp?pr=08/10/09-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×