マカフィー、Windows 10におけるローカル特権の昇格であるCVE-2021-1732を分析 | ScanNetSecurity
2024.05.28(火)

マカフィー、Windows 10におけるローカル特権の昇格であるCVE-2021-1732を分析

 マカフィー株式会社は1月14日、Windows 10におけるローカル特権の昇格であるCVE-2021-1732についての技術的分析をブログで発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 マカフィー株式会社は1月14日、Windows 10におけるローカル特権の昇格であるCVE-2021-1732についての技術的分析をブログで発表した。

 脆弱性CVE-2021-1732は、win32kのウィンドウオブジェクト型の混乱がOOB(境界外)書き込みを発生させ、Windowsカーネル内で任意のメモリのリード・ライトが可能になる。同脆弱性は、GetMenuBarInfo API を使用した win32k の任意のカーネルメモリリードプリミティブを使用する点において斬新で、同社が把握する限りでは一般的に知られていなかったものという。

 ブログでは、Win32Kのバックグラウンド、Win32k プリミティブの悪用、既存のWindows OSの緩和措置、脆弱性のトリガーとパッチの解析、パッチの解析、tagWND OOB 書き込み、カーネルアドレスのリーク、カーネルの任意読み込み、カーネルの任意の書き込み、データオンリーアタックについて、図やコード等も交えて分析し解説している。

《高橋 潤哉》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×