Winnyにバッファオーバーフローを引き起こされる脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.07.29(木)

Winnyにバッファオーバーフローを引き起こされる脆弱性

IPAおよびJPCERT/CCは4月21日、P2Pファイル共有ソフトである「Winny」において、バッファオーバーフローを引き起こされる脆弱性が判明したと発表した。細工されたパケットによって、ソフトウェアが異常終了する可能性があるという。IPAなどは、バッファオーバーフローを

製品・サービス・業界動向 業界動向
IPAおよびJPCERT/CCは4月21日、P2Pファイル共有ソフトである「Winny」において、バッファオーバーフローを引き起こされる脆弱性が判明したと発表した。細工されたパケットによって、ソフトウェアが異常終了する可能性があるという。IPAなどは、バッファオーバーフローを引き起こされた場合、一般的に外部から任意のコードが実行されることから注意を呼びかけている。

なお、JPCERT/CCのVendor Status Notesには、対応策としてWinnyの制作者である金子勇氏のコメントが掲載されている。コメントによると、同氏は諸般の都合によりWinnyのアップデートや脆弱性の具体的な検証が困難な状況であり、十分な理解の上で使用するよう求めている。また同氏によると、Winnyはさまざまな部分でチェックを行っているため、仮にバッファーオーバーフローの脆弱性への攻撃を想定した場合でも、これによりあらゆる任意のコードが実行が可能という訳ではないと判断しているという。

ただし、eEye Digital Securityの報告では、このバッファオーバーフローの悪用は容易で、任意のコードを実行することも可能だとしている。

Vendor Status Notes:金子 勇の JVN#74294680 への対応
http://jvn.jp/jp/JVN%2374294680/182914/index.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×