「F-Secure検疫コントローラ」の小規模導入価格を発表(日本エフ・セキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

「F-Secure検疫コントローラ」の小規模導入価格を発表(日本エフ・セキュア)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本エフ・セキュア株式会社は2月2日、「F-Secure検疫コントローラ」の小規模導入価格を発表した。本製品は、社内LANに接続するPCのウイルス定義ファイルを常に最新に保つためのソフトウェア。日立電線株式会社の「Apresia」認証スイッチおよびクライアントPC上の「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティ」と協調動作が可能で、「Apresia」の認証サーバRadiusの管理機能、接続を要求したPCのウイルス定義ファイルバージョンをチェックし更新する機能を装備する。価格体系がサーバ単位からユーザ数によるライセンスに変更され、ライセンス価格は50万円(100ユーザまで)からとなった。

http://www.f-secure.co.jp/news/200502021/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×