SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

オリエントコンピュータは、「ePEE Data Erasure Solution」サーバ消去ログ一元管理システムを新たに加えた「HC-SUPER COMBO-LV」および「ePEE Data Erasure Solution」PEEをリリースした。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
オリエントコンピュータ株式会社は2月18日、「ePEE Data Erasure Solution」サーバ消去ログ一元管理システムを新たに加えた「HC-SUPER COMBO-LV」および「ePEE Data Erasure Solution」PEEをリリースしたと発表した。

「HC-SUPER COMBO-LV」は、HDD磁気消去とHDD/SSD物理消去を一台で行え、消去ログも取得できる完全完結型データ消去破壊機。磁気消去には特許を取得した同社独自の「リバウンド方式」と「DDE磁気消去方式」を採用。

磁気消去時には、消去時の磁気発生磁界数値のPC画面上での可視と消去ログをデータ管理するため、間違いなくデータが破壊されていることを証明できる。破壊用のニードルと治具を交換することで、SSDの破壊にも対応する。

「ePEE Data Erasure Solution」PEEは、物理破壊、磁気破壊、ソフト消去のすべてのログをCSV方式で一元管理する自動取集システム。特に、磁力に関しては発生磁界実数値が可視化できるため、出力低下など機械本体の故障をリアルタイムで確認でき、磁力の出力不足による残存データの漏えいを防ぐことができる。SSD/HDDへのPEEソフト消去では、USB本体利用によるノートPC、デスクトップPCの内蔵または外付けSSD/HDDへの連続消去、並列消去が可能となっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×