AeyeScan を基盤とした「診断マネジメント」提供、診断プロセスを可視化 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

AeyeScan を基盤とした「診断マネジメント」提供、診断プロセスを可視化

 株式会社エーアイセキュリティラボは6月10日、クラウド型Webアプリケーション脆弱性診断ツール「AeyeScan」を基盤とした新たなプロダクト「診断マネジメント」を6月8日より提供開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向

 株式会社エーアイセキュリティラボは6月10日、クラウド型Webアプリケーション脆弱性診断ツール「AeyeScan」を基盤とした新たなプロダクト「診断マネジメント」を6月8日より提供開始したと発表した。

 「AeyeScan」は、AIとRPA(Robotic Process Automation)を活用したSaaS型Webアプリケーション脆弱性診断ツールで、診断結果は画面キャプチャ付きの画面遷移図で可視化するだけでなく、日本語レポートで提供される。

 「診断マネジメント」は、脆弱性診断にてWebサイトや脆弱性診断の実施状況を一元管理し、診断計画から対策見直しまでのプロセス管理を行うプラットフォームで、脆弱性診断の実施結果だけに目を向けるのではなく、対策状況を分析したうえで計画の見直しを図るという、PDCAのActionまでを考慮した設計を行っている。

 「診断マネジメント」は現在、AeyeScanを既に利用の顧客に向けて提供しているが、今後はAeyeScanを未導入の顧客にも展開予定。

 また、「診断マネジメント」では今後、脆弱性診断の管理をさらに強化するとともに、セキュリティ組織のさらなる業務効率化を支援するために、企業規模やフェーズに応じた利用ができるよう導入企業からのフィードバックを元にした「脆弱性トリアージ機能の強化」と「生成AI活用によるQA機能等の提供」に取り組むとのこと。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

    日本規格協会、ISO / IEC 27002 の改訂を受け「JIS Q 27002:2024」発行

  2. GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

    GMOイエラエ「ホワイト企業認定」最高ランクのプラチナ取得 三回目

  3. 人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

    人を標的とした脅威から守るために ~ KnowBe4 が Egress 買収

  4. GMOイエラエ、カルチャーデック公開

  5. 「鉄道版生成 AI」の開発も ~ JR東日本で DX 推進のため生成 AI 活用

  6. 日本プルーフポイント 増田幸美氏「Cybersecurity Woman of the World Edition 2024」にノミネート

  7. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

  8. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

  9. 「EDR? あるよ」~ NOC+SOC+エンドポイント監視、NetStareが目指すところ

  10. セキュリティは愛か? 技術者が語る「レッドチーム演習でしかできないこと」

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×