Oracle社の2005年1月のセキュリティアラートについて | ScanNetSecurity
2022.12.03(土)

Oracle社の2005年1月のセキュリティアラートについて

 サイバーディフェンス社からの情報によると、Oracle社は、同社の製品に存在する23件の問題点について、セキュリティ情報をリリースし、対応策を公開している。問題のある製品と脆弱性の数は、Oracle Database Serverが17件、Oracle Application Serverが3件、Oracle C

製品・サービス・業界動向 業界動向
 サイバーディフェンス社からの情報によると、Oracle社は、同社の製品に存在する23件の問題点について、セキュリティ情報をリリースし、対応策を公開している。問題のある製品と脆弱性の数は、Oracle Database Serverが17件、Oracle Application Serverが3件、Oracle Collaboration Suiteが1件、Oracle E-Business Suiteが2件となっている。iDEFENSEでは、この23件の問題について、「Oracle 8i/9iのデータベースリンク作成処理でバッファオーバーフロー発生する脆弱性が見つかる」「Oracle Database 10g及び9iのPL/SQLで脆弱性が見つかる」「Oracle Database 10g及び9iでバッファオーバーフローが見つかる」の3つの問題としてすでに公開している。

※この情報は株式会社サイバーディフェンス
 ( http://www.cyberd.co.jp/ )より提供いただいております。
 サイバーディフェンス社の CyberNoticeBasic サービスの詳細については
 下記のアドレスまでお問い合せください。
 問い合わせ先: scan@ns-research.jp
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【21:43 GMT、1、18、2005】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×