中華人民共和国(13 ページ目) | ScanNetSecurity
2020.12.04(金)

中華人民共和国(13 ページ目)

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向 韓国の国際セキュリティカンファレンス POC2007 に参加してみた(3)− 韓国の二大ハッカーグループとその実態 画像
特集 ScanNetSecurity

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向 韓国の国際セキュリティカンファレンス POC2007 に参加してみた(3)− 韓国の二大ハッカーグループとその実態

Scan二誌横断特集「アジアのセキュリティ動向」では、Scan Security Wireと、Scan Security Management二誌連動で、それぞれ韓国と中国を代表する情報セキュリティカンファレンスに現地取材を実施、アジアの情報セキュリティの動向を探ります。

SCAN DISPATCH : 米委員会、中国のサイバー軍事活動を警戒 画像
国際 ScanNetSecurity

SCAN DISPATCH : 米委員会、中国のサイバー軍事活動を警戒

 SCAN DISPATCH は、アメリカのセキュリティ業界及ハッカーコミュニティから届いたニュースを、狭く絞り込み、深く掘り下げて掲載します。

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向 韓国の国際セキュリティカンファレンス POC2007 に参加してみた(2) − SSLセッション中間に介入、盗聴・改竄するSSLプロキシの発表など 画像
特集 ScanNetSecurity

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向 韓国の国際セキュリティカンファレンス POC2007 に参加してみた(2) − SSLセッション中間に介入、盗聴・改竄するSSLプロキシの発表など

Scan二誌横断特集「アジアのセキュリティ動向」では、Scan Security Wireと、Scan Security Management二誌連動で、それぞれ韓国と中国を代表する情報セキュリティカンファレンスに現地取材を実施、アジアの情報セキュリティの動向を探ります。

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向中国の情報セキュリティ会議 Xcon2007 に参加してみた(2) 画像
特集 ScanNetSecurity

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向中国の情報セキュリティ会議 Xcon2007 に参加してみた(2)

 Scan二誌横断特集「アジアのセキュリティ動向」では、Scan Security Wireと、Scan Security Management二誌連動で、それぞれ韓国と中国を代表する情報セキュリティカンファレンスに現地取材を実施、アジアの情報セキュリティの動向を探ります。

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向 韓国の国際セキュリティカンファレンス POC2007 に参加してみた(1) 画像
特集 ScanNetSecurity

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向 韓国の国際セキュリティカンファレンス POC2007 に参加してみた(1)

Scan二誌横断特集「アジアのセキュリティ動向」では、Scan Security Wireと、Scan Security Management二誌連動で、それぞれ韓国と中国を代表する情報セキュリティカンファレンスに現地取材を実施、アジアの情報セキュリティの動向を探ります。 ─ ●今年で2回目のPOC、

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向(1)中国の情報セキュリティ会議 Xcon2007 に参加してみた 画像
国際 ScanNetSecurity

Scan二誌横断特集:アジアのセキュリティ動向(1)中国の情報セキュリティ会議 Xcon2007 に参加してみた

 Scan二誌横断特集「アジアのセキュリティ動向」では、Scan Security Wireと、Scan Security Management二誌連動で、それぞれ韓国と中国を代表する情報セキュリティカンファレンスに現地取材を実施、アジアの情報セキュリティの動向を探ります。

中国での暗号化製品の使用申請支援サービスを提供開始(ミツイワ) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

中国での暗号化製品の使用申請支援サービスを提供開始(ミツイワ)

ミツイワ株式会社は、中国での暗号化製品の使用申請支援サービスを開始した。中国政府は、中国国内での暗号技術および暗号化製品の研究開発、製造、販売や使用の管理を強化する法令「商用暗号管理条例」を1999年より実施している。また2007年5月には、海外の組織、個人に

迫り来るサイバー戦争の時代 画像
国際 ScanNetSecurity

迫り来るサイバー戦争の時代

6月に起こった中国人民軍による米国国防総省のコンピュータネットワークへの攻撃は、(これまでで)最も成功したサイバー攻撃だったと、関係者が明らかにしている。これは9月3日付の英国の『Financial Times』による報道による。

中国の情報セキュリティ市場の現状 (2)〜手薄な中国大企業のセキュリティ対策状況 画像
特集 ScanNetSecurity

中国の情報セキュリティ市場の現状 (2)〜手薄な中国大企業のセキュリティ対策状況

ソニックウォールが今春、中国 上海の復旦(ふだん)サイエンスパークに研究開発センターを開設した。今後同センターでは、中国国内での脅威の情報収集、中国市場に向けた製品開発やローカライズなどを行っていくという。

中国の情報セキュリティ市場の現状 (1)〜いまやアメリカに次ぐ世界第二位の攻撃元国家 画像
特集 ScanNetSecurity

中国の情報セキュリティ市場の現状 (1)〜いまやアメリカに次ぐ世界第二位の攻撃元国家

ソニックウォールが今春、中国 上海の復旦(ふだん)サイエンスパークに研究開発センターを開設した。今後同センターでは、中国国内での脅威の情報収集、中国市場に向けた製品開発やローカライズなどを行っていくという。

総務省、新たな手口の架空請求メールに注意を呼びかけ 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

総務省、新たな手口の架空請求メールに注意を呼びかけ

総務省は4月16日、受信者の不安を駆り立てる「訴訟」等の文言を記載した「架空請求と思われる新たなメール」のような内容のメールが届いたという報告が、鳥取県在住者からあったとして注意を呼びかけている。最近、中国地方を中心に「利用した覚えのないサイトの高額な登

ハッカーがeBayのシステムに侵入、疑問視される安全性 (1)ルーマニア人ハッカーに翻弄されるeBay 画像
国際 ScanNetSecurity

ハッカーがeBayのシステムに侵入、疑問視される安全性 (1)ルーマニア人ハッカーに翻弄されるeBay

オークションサイトeBayの従業員用サーバーがハッキングされているようだとして、話題になっている。eBayは1995年の設立。米国カリフォルニアに本社を置く、eBay Inc.が運営している。米国や英国、フランス、ドイツなどのヨーロッパ各国、そしてオーストラリア、中国、シ

西中国信用金庫、約19万名の顧客情報を記録したCD-ROMを紛失 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

西中国信用金庫、約19万名の顧客情報を記録したCD-ROMを紛失

西中国信用金庫は2月22日、本部で保有する顧客情報を記録したCD-ROM1枚が紛失していることが判明したと発表した。このCD-ROMには、同金庫で平成18年11月時点で旧下関信用金庫の口座を持つ顧客約15万名の氏名、生年月日、住所、電話番号など(一部の顧客については口座番

中国電力社員の個人用PCから業務情報が流出 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

中国電力社員の個人用PCから業務情報が流出

中国電力株式会社は1月17日、同社の業務情報がインターネット上に流出していたことが判明したと発表した。これは、1月9日に外部から通報があり、調査を行っていたもの。流出した業務情報は同社の配電工事関係の検討資料であり、原子力関連などの機密情報や顧客の個人情報

米政府が警戒を強める中国からのサイバー攻撃(2)攻撃元を突き止めたアナリストが解雇される 画像
特集 ScanNetSecurity

米政府が警戒を強める中国からのサイバー攻撃(2)攻撃元を突き止めたアナリストが解雇される

●大規模攻撃を受けた国防省

米政府が警戒を強める中国からのサイバー攻撃(1)攻撃を受ける国防省のネットワーク 画像
特集 ScanNetSecurity

米政府が警戒を強める中国からのサイバー攻撃(1)攻撃を受ける国防省のネットワーク

12月1日、米国政府の情報テクノロジーに関するニュースを発信する『FCW Media』が、中国が大きなサイバー上の脅威であるとの記事を発表している。これは、米議会の委員会の1つ、米中経済・セキュリティ再調査委員会(U.S.-China Economic and Security Review Commissio

アジア太平洋地域の加盟店へのセキュリティに関する認知度調査について発表(ビザ・インターナショナル) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

アジア太平洋地域の加盟店へのセキュリティに関する認知度調査について発表(ビザ・インターナショナル)

ビザ・インターナショナルは8月3日、4月20日〜5月26日までの期間にアジア太平洋地域の11市場(オーストラリア、中国、香港、インド、日本、韓国、ニュージーランド、マレーシア、シンガポール、台湾、タイ)の加盟店を対象に行った、セキュリティに関する意識調査につい

高木工業、個人情報を記録したノートPCが盗難被害に 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

高木工業、個人情報を記録したノートPCが盗難被害に

高木工業株式会社は6月9日、同社中国事業部中関営業所が入居しているビルにおいて盗難被害が発生し、同社においても顧客名簿や同社社員の個人情報および同社への募集応募者の個人情報を保存したノート型PCなどが被害に遭ったと発表した。盗難被害はノートPC3台、USBフラ

中国電力とエネルギアコムの業務情報などがWinnyウイルス感染で流出 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

中国電力とエネルギアコムの業務情報などがWinnyウイルス感染で流出

中国電力株式会社および株式会社エネルギア・コミュニケーションズは5月10日、両社の業務情報を含む情報がネットワーク上に流出していたと発表した。エネルギアコム社員の個人用PCがWinnyウイルスに感染したことが原因としている。この社員は業務情報を自宅に持ち帰り作

「ネット・クライアントV6.5」および「マネージド・パーソナル・ファイアウォール」を発表(AT&T) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

「ネット・クライアントV6.5」および「マネージド・パーソナル・ファイアウォール」を発表(AT&T)

AT&Tグローバル・サービス株式会社(AT&T GNS)は4月18日、Wi-Fiおよび海外でのアクセスポイントを拡充させた接続サービス「グローバル・ネットワーク・クライアントV6.5」を発表、4月19日より出荷を開始した。同サービスは従来のアクセスに加え、中国主要都市69都市から

スパイ活動が疑われたLenovoのPC 画像
国際 ScanNetSecurity

スパイ活動が疑われたLenovoのPC

米国国務省が最近、中国のLenovoとPC1万5000台購入の契約を結んだ。しかし、この契約について米中経済・安全保障関係検討委員会(US - China Security Review Commission:USCC)が諜報活動に使用される恐れがあるとの懸念を示していると、『Red Herring』が報じた。

  1. 先頭
  2. 8
  3. 9
  4. 10
  5. 11
  6. 12
  7. 13
  8. 14
  9. 15
  10. 16
  11. 17
  12. 18
  13. 20
  14. 最後
Page 13 of 21
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×