ハッカーがeBayのシステムに侵入、疑問視される安全性 (1)ルーマニア人ハッカーに翻弄されるeBay | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

ハッカーがeBayのシステムに侵入、疑問視される安全性 (1)ルーマニア人ハッカーに翻弄されるeBay

オークションサイトeBayの従業員用サーバーがハッキングされているようだとして、話題になっている。eBayは1995年の設立。米国カリフォルニアに本社を置く、eBay Inc.が運営している。米国や英国、フランス、ドイツなどのヨーロッパ各国、そしてオーストラリア、中国、シ

国際 海外情報
オークションサイトeBayの従業員用サーバーがハッキングされているようだとして、話題になっている。eBayは1995年の設立。米国カリフォルニアに本社を置く、eBay Inc.が運営している。米国や英国、フランス、ドイツなどのヨーロッパ各国、そしてオーストラリア、中国、シンガポール、インドなどのアジア諸国で展開する、世界最大規模のオークションサイトだ。

ロシア人ハッカーがeBayのデータベースをハッキングしたという噂が、昨年末頃から、インターネットで囁かれていたが、『Auction Guild』などが詳しい状況をレポート。単なる噂ではなく、確かに何者かがシステムに侵入していることが明らかになってきた。『Auction Guild』は安全にオークションを楽しむために、オークションの問題などの情報を提供しているウェブサイトだ。

続いて英国の『The Register』も事件についてレポートをしているが、カルティエのタンク時計などの高額アイテムを売るオークションをハイジャックしているという。アカウントのハイジャック犯は、購入希望者に対して、“buy-it-now(今すぐ購入)”割引、つまり即決割引の特典を受けるために、Gmailのアカウントに連絡するよう求めている。

この事件はフィッシング詐欺だったと見られている。フィッシング自体は残念ながらよくあることで、eBayではこのアカウントをブロックして、アイテムを削除すればよい。単純な問題だと考えがちだ。しかし…

──
この記事には続きがあります。
全文はScan Security Management本誌をご覧ください。

◎有料版Scan申込> http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m02_ssm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×