2000年2月の中華人民共和国 | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

2000年2月の中華人民共和国

ホームページ閲覧規制ソフト「SmartFilter」の中国語版リストを開発、3言語対応版として発売(バーテックスリンク) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

ホームページ閲覧規制ソフト「SmartFilter」の中国語版リストを開発、3言語対応版として発売(バーテックスリンク)

 株式会社バーテックスは、サーバ型ホームページ閲覧規制ソフト 「SmartFilter」の中国語(簡体・繁体)サイトコントロールリストを開発、日英と合わせて3言語対応版「SmartFilter for Asia」として発売を開始し た。米Secure Computing社が開発した同ソフトは、27種類

官公庁ハッキング事件続報、東大のサーバーなどを経由し侵入、米国でも相次いでハッキング事件が発生し対応政策を発表 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

官公庁ハッキング事件続報、東大のサーバーなどを経由し侵入、米国でも相次いでハッキング事件が発生し対応政策を発表

 1月下旬におきた、官公庁への連続ハッキング事件で、その後の調べにより侵入するまでに経由されたルートがいくつか割り出された。  今回判明した経由ルートは、米国ヤフー社のサーバーや中国の広西チワン族自治州にあるサーバー、東京大学のサーバーなど。警視庁では

アジア5ヶ国の企業間電子商取引調査レポートを出版(コマースネットジャパン事務局) 画像
製品・サービス・業界動向 ScanNetSecurity

アジア5ヶ国の企業間電子商取引調査レポートを出版(コマースネットジャパン事務局)

 ECを推進する非営利の民間団体であるコマースネットジャパン事務局は、日本、韓国、中国(香港特別行政区含む)、シンガポール、台湾のアジア5ヶ国の企業間電子商取引調査レポート「調達業務と電子カタログに関するアンケート調査〜アジア5ヶ国での調査分析および比較

    Page 1 of 1
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
    「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

    ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

    ×