迫り来るサイバー戦争の時代 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.14(金)

迫り来るサイバー戦争の時代

6月に起こった中国人民軍による米国国防総省のコンピュータネットワークへの攻撃は、(これまでで)最も成功したサイバー攻撃だったと、関係者が明らかにしている。これは9月3日付の英国の『Financial Times』による報道による。

国際 海外情報
6月に起こった中国人民軍による米国国防総省のコンピュータネットワークへの攻撃は、(これまでで)最も成功したサイバー攻撃だったと、関係者が明らかにしている。これは9月3日付の英国の『Financial Times』による報道による。

攻撃の結果、国防長官府のコンピュータシステムをシャットダウンしたことを、米国国防総省では認めている。ただし、誰がこの攻撃を行ったと考えているかについて、正式に発表することは、現在のところは拒否している。国防長官府はロバート・ゲイツ国防総省長官の直属機関だ。

情報筋によると、システムのシャットダウンは、攻撃が続けられていた1週間余り行われた。国防総省では、約3ヵ月が経過した現在も、攻撃者がどれだけのデータをダウンロードしたのか調査を続けている。今のところは、漏洩したデータは極秘のものではなかったとみている。

『Financial Times』に情報を明かしたのは…

【執筆:バンクーバー新報 西川桂子】
──
※ この記事は Scan購読会員向け記事をダイジェスト掲載しました
購読会員登録案内 http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?w02_ssw
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×