中華人民共和国(18 ページ目) | ScanNetSecurity
2020.12.04(金)

中華人民共和国(18 ページ目)

ワーム「Chier」がRunouce.exeを作成 画像
国際 ScanNetSecurity

ワーム「Chier」がRunouce.exeを作成

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Chierは新しい大量メール送信型ワームで、感染した電子メールを独自のSMTPエンジンを使用して送り付ける。Chierは、知人からの電子メール、または中国に住むある人物からの「I Love You」電子メールを装うように、ソ

ワーム「Chier」がRunouce.exeを作成 画像
国際 ScanNetSecurity

ワーム「Chier」がRunouce.exeを作成

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Chierは新しい大量メール送信型ワームで、感染した電子メールを独自のSMTPエンジンを使用して送り付ける。Chierは、知人からの電子メール、または中国に住むある人物からの「I Love You」電子メールを装うように、ソ

中国と韓国のハッカーが日本のウェブサイトを攻撃対象にする恐れ 画像
国際 ScanNetSecurity

中国と韓国のハッカーが日本のウェブサイトを攻撃対象にする恐れ

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国と韓国の学生ハッカーたちが日本のウェブサイトとネットワークを対象にした攻撃を2002年7月以降活発化させる計画であるとのこと。これを発表したのはブラジルのハッカー Demonadios.br のメンバー。彼は、小泉首

Word Proウイルスが一般で発見 画像
国際 ScanNetSecurity

Word Proウイルスが一般で発見

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Spentyは、一般で発見された新マクロウイルスである。これは、中国語バージョンのLotus Word Pro文書に感染する。Spentyは感染した文書の編集機能を無効にしてユーザーを困らせるだけでなく、複数のドライブの全ファ

中国のウェブサイトで米国のコンピュータネットワークへの仮想戦争について論議 画像
国際 ScanNetSecurity

中国のウェブサイトで米国のコンピュータネットワークへの仮想戦争について論議

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、China Eagle Unionに関係のあるウェブサイトの記事で、米国に対するコンピュータネットワークへの仮想戦争が取り上げられているとのこと。この無署名の記事には、いずれ米国と中国の間で大きな軍事衝突が起こる可能性

5月8日の記念日関連のメッセージをChina Eagleのハッカーがポスティング 画像
国際 ScanNetSecurity

5月8日の記念日関連のメッセージをChina Eagleのハッカーがポスティング

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、China Eagleの主要ハッカーが、5月8日(ベオグラード中国大使館の誤爆記念日)に関連する同グループの記念に関するメッセージをポスティングしたとのこと。このポスティングには、実行ファイルへのリンクと記念日関連

Optix04トロイの木馬が中国から拡散 画像
国際 ScanNetSecurity

Optix04トロイの木馬が中国から拡散

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Optix04トロイの木馬を中国のドメインから拡散しようとしている。この人物はAnti-Virus Information Exchange Network (AVIEN)のメンバーであるようだが、このトロイの木馬は急激に増加している。わずか1時間で9件が

Network Red ArmyとChina Eagle Unionのさらなる結びつきが発見される 画像
国際 ScanNetSecurity

Network Red ArmyとChina Eagle Unionのさらなる結びつきが発見される

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Network Red ArmyとハッカーグループのChina Eagle Unionのさらなる結びつきが確認されているとのこと。今回、China Eagleのディスカッションフォーラムの中国中央支部がNetwork Red Armyから技術サポートと無料ディ

MSNBC.comに対するDoS攻撃は中国人ハッカーの試験の可能性? 画像
国際 ScanNetSecurity

MSNBC.comに対するDoS攻撃は中国人ハッカーの試験の可能性?

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、先日発生したMSNBC.comのウェブサイトに対するサービス拒否攻撃は、中国のハッカーが新しいSYN floodツールの試験運用について討議していた時期の数日後に発生したため、関連性が示唆されるとのこと。SYN floodとは、

China Eagle Unionの支部が自粛メッセージを送信 画像
国際 ScanNetSecurity

China Eagle Unionの支部が自粛メッセージを送信

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、China Eagle Union(CEU)の支部が5月1日付けで、おそらく欧米を対象にした、コンピュータ攻撃を行わないよう自制を求めた同グループのリーダーchinaeagleによる呼びかけをポスティングしたとのこと。この支部は中国

中国の脅威に対してハッカーたちが連盟を設立 画像
国際 ScanNetSecurity

中国の脅威に対してハッカーたちが連盟を設立

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、各国のハッカーたちが連盟を設立して、中国への逆襲を企てているとのこと。南米、ヨーロッパなどのハッカーたちが、アンチ中国連盟を設立して中国のウェブサイトやネットワークを逆に襲おうと計画している様子だとい

中国のハッカーが日本のルータやウェブサイトを攻撃する可能性 画像
国際 ScanNetSecurity

中国のハッカーが日本のルータやウェブサイトを攻撃する可能性

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のハッカーグループChina Eagle Unionのハッカーたちが、日本で使用されているシスコ社のルータをプロブ(probing)する可能性があるとのこと。同グループのウェブサイトの掲示板に、「no7_7」と呼ばれるハッカー

中国企業がウイルス警告を30分前に発すると約束 画像
国際 ScanNetSecurity

中国企業がウイルス警告を30分前に発すると約束

◆概要:  中国の企業である深セン市安絡科技有限公司(Shenzhen Anluo Science and Technology:S&T)が、セキュリティとウイルスに関する警告を「30分以内に通知」すると発表した。その後に修正や対処法を「セキュリティ情報データベース」で公表するらしい。深セン市

中国のハッカーウェブサイトがツールのアクセスを停止 画像
国際 ScanNetSecurity

中国のハッカーウェブサイトがツールのアクセスを停止

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、既によく知られているハッカーグループとは関係のない中国のハッカーウェブサイトが、電子メール爆弾を含むハッカーツールへのリンクを停止したとのこと。現在、当ウェブサイトには、以前リンクしていたツールについ

中国企業がウイルス警告を30分前に発すると警告 画像
国際 ScanNetSecurity

中国企業がウイルス警告を30分前に発すると警告

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国の企業である深セン市安絡科技有限公司が、セキュリティとウイルスに関する警告を「30分以内に通知」すると発表したとのこと。その後に修正や対処方法を「セキュリティ情報データベース」で公表するらしい。

中国政府のウイルス認識技術研究の分析 画像
国際 ScanNetSecurity

中国政府のウイルス認識技術研究の分析

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のハイテク技術研究プログラムである「Program 863」の863-104-02 研究シリーズの一環として、ウイルス認識に対する研究が行われているとのこと。この研究には、ネットワークで使用するリアルタイムの管理システ

中国政府のセキュリティ早期警戒プログラムは緊急対応策を含む 画像
国際 ScanNetSecurity

中国政府のセキュリティ早期警戒プログラムは緊急対応策を含む

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国政府による「Program 863」の一連の研究の1プロジェクトである863-104-02-02では、主に大規模なネットワークに対する攻撃の初期段階に警告を発する対策が検討されているとのこと。この研究プロジェクトにより、中

ネットワーク攻撃に対する早期警告を目指す中国のセキュリティプログラム 画像
国際 ScanNetSecurity

ネットワーク攻撃に対する早期警告を目指す中国のセキュリティプログラム

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国政府が進めている研究「ネットワーク攻撃に対する戦略的且つ早期発見」は、プログラム863研究の863-104-02-02に属しているとのこと。研究課題は、ネットワークへの不正侵入や、安全なネットワーク監査の総合化、

PKI技術に関する中国政府による研究の検証 画像
国際 ScanNetSecurity

PKI技術に関する中国政府による研究の検証

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国政府のハイテク研究プログラム「Program 863」の一種であるPKI関連の研究は、一連の研究「863-104-01-01」として識別されるとのこと。このプロジェクトでは、PKIを基本とする技術およびPKI技術規格、信頼と確認の

中国政府が暗号化をテスト 画像
国際 ScanNetSecurity

中国政府が暗号化をテスト

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のプログラム863のひとつである863-104-01-02は、政府と企業が「機密暗号化アルゴリズム」と命名した暗号化システムと国内のチップ技術との統合に関する研究を、共同で行う研究プログラムであるとのこと。プログ

中国がワイヤレスネットワークセキュリティの調査を実施 画像
国際 ScanNetSecurity

中国がワイヤレスネットワークセキュリティの調査を実施

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国でプログラム863のシリーズ863-104-03-02として、ワイヤレスネットワークセキュリティテクノロジー調査が行われたとのこと。調査領域は、ワイヤレスネットワークセキュリティの既存のモデル分析やシステム構造の

  1. 先頭
  2. 11
  3. 12
  4. 13
  5. 14
  6. 15
  7. 16
  8. 17
  9. 18
  10. 19
  11. 20
  12. 21
Page 18 of 21
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×