中華人民共和国(19 ページ目) | ScanNetSecurity
2020.12.04(金)

中華人民共和国(19 ページ目)

中国のハイテク研究プログラムでは悪意あるコードも研究対象に 画像
国際 ScanNetSecurity

中国のハイテク研究プログラムでは悪意あるコードも研究対象に

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、「Program 863」の863-104-02の一連の研究では、中国政府によるコンピュータウイルス技術に関する研究が実施されているとのこと。悪意のあるコード対処法を扱う一連の研究は863-104-02-01として識別されるという。

中国のハイテク研究プログラムで3分野に焦点が置かれる 画像
国際 ScanNetSecurity

中国のハイテク研究プログラムで3分野に焦点が置かれる

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国政府によるハイテク研究プログラム「Program 863」は、情報セキュリティの研究を目標としているが、特定分野に焦点が置かれるという傾向があるとのこと。分野ごとに、暗号アルゴリズムやチップ統合技術、ウイルス

中国が技術的ニーズを実現するプログラムを発表 画像
国際 ScanNetSecurity

中国が技術的ニーズを実現するプログラムを発表

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のハイテク研究プログラム「Program 863」は、強力な情報セキュリティの確立を大きな課題として捉えている、とProgram 863の中国語サイトで発表されたとのこと。このプログラムの目標は、技術規格や独自の知的所

H.U.Cの古いウェブサイトへのアクセスが現在でも可能 画像
国際 ScanNetSecurity

H.U.Cの古いウェブサイトへのアクセスが現在でも可能

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のハッカー連盟(Hacker Union of China)の元のウェブサイトへのリンクに現在でもアクセスが可能とのこと。同グループのリーダーは3月13日にウェブサイト閉鎖と同連盟の解散を発表しているが、現在でも主要部分

中国のハッカーグループ、Green Army Corpsがウェブサイトを更新 画像
国際 ScanNetSecurity

中国のハッカーグループ、Green Army Corpsがウェブサイトを更新

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のGreen Army Corpsが3月13日付けでポスティングを行い、インターネットでのプレゼンスを更新したとのこと。同グループは2001年春に、中国と米国の間の小規模なサイバー戦争中、最も活躍した3つの中国ハッカーグ

中国政府のウェブサイトを改ざんした人物に有罪判決 画像
国際 ScanNetSecurity

中国政府のウェブサイトを改ざんした人物に有罪判決

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国の20歳の男性WangQun氏が中国政府のウェブサイトを改ざんしたという理由で、1年の有罪実刑判決を受けたとのこと。Qun氏はハッキングにあたって Playgirl というハッカー名を使用し、改ざん内容にはポルノイメージ

昨年5月の米国サイト攻撃の主犯格は「Chinaeagle」として知られるハッカー 画像
国際 ScanNetSecurity

昨年5月の米国サイト攻撃の主犯格は「Chinaeagle」として知られるハッカー

◆概要:  2001年5月に米国のウェブサイトをターゲットにした攻撃の中心人物が「Chinaeagle(中国鷹派)」として知られるハッカーである事が明らかになった。Chinaeagle(男性・30歳)はChina Eagleハッカー集団の中心的存在である。彼は、米国サイトをターゲットにした

China Eagleハッキンググループが国家主義を強調 画像
国際 ScanNetSecurity

China Eagleハッキンググループが国家主義を強調

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のChina Eagleハッキンググループが、中国の「情報空間」の開発を含む、中国の国益および中国文化の振興を強く推奨しているとのこと。同グループは「ネットワークセキュリティに関わる国際インターネット非商業ア

中国のウイルスセンターが公的なセキュリティを保護〜China’s Virus Center Protects Public Security〜 画像
国際 ScanNetSecurity

中国のウイルスセンターが公的なセキュリティを保護〜China’s Virus Center Protects Public Security〜

◆概要:  2002年2月7日付けの中国日報によると、中国のNCVERC(National ComputerVirus Emergency Response Center: 国家コンピュータウイルス緊急応答センター)が中国の公安部(MPS: Ministry for Public Security)の管理下に置かれることになった。

ロシア当局がインターネット法規を思案 画像
国際 ScanNetSecurity

ロシア当局がインターネット法規を思案

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、プーチン政権のロシア当局および議会で、インターネットの新しい法規の必要性について討議されているとのこと。新法規の詳細は不明だが、ハッキング文化と組織犯罪などが広範囲に存在する同国において、中国のような

中国企業がSMS(Short Message Service)サービス開始 画像
国際 ScanNetSecurity

中国企業がSMS(Short Message Service)サービス開始

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国テレコム社が上海と広州の固定回線ユーザを対象にSMSを開始したとのこと。このサービスを利用するにはテキスト表示ができる特別な電話機が必要で、この電話機には140文字以下の電子メールをダウンロードする機能

オーストラリア企業が中国、北朝鮮、アルカイダによるサイバー犯罪を予測 画像
国際 ScanNetSecurity

オーストラリア企業が中国、北朝鮮、アルカイダによるサイバー犯罪を予測

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、90East社の主任科学者Brian Denehy博士は、オーストラリアを狙ったサイバー犯罪の脅威は中国と北朝鮮によるものと述べているとのこと。また、アルカイダのサイバー犯罪組織がインターネットを調査ツールとしているこ

中国のウイルスセンターが公的なセキュリティを保護 画像
国際 ScanNetSecurity

中国のウイルスセンターが公的なセキュリティを保護

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国のNCVERCという国家コンピュータウイルス緊急応答センターが、中国の公安部の管理下に置かれるとのこと。これにより、省庁はワームや悪意のあるコードをNCVERCに直接報告することが義務づけられたとしている。

中国警察が10代のハッカーを拘禁 画像
国際 ScanNetSecurity

中国警察が10代のハッカーを拘禁

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国当局が17歳の高校生を複数のハッキング犯罪に関わった容疑で拘禁したとのこと。彼は2001年12月以降、ウェブサイトにアクセスしたユーザのデータを紛失させるソフトウェアをリンクし、110,000万人以上のユーザに損

中国のXFocusがネットワークセキュリティレポートを発表 画像
国際 ScanNetSecurity

中国のXFocusがネットワークセキュリティレポートを発表

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、中国の非営利団体 XFocusがネットワークセキュリティの脆弱性に関するレポートを発表したとのこと。「SiemensのモバイルSMS外字の脆弱性について」と「Oracle8.1.6 DBSNMPのリモート利用される脆弱性について」の2つ

米国とイスラエルはハッカー天国(Riptech 社) 画像
国際 ScanNetSecurity

米国とイスラエルはハッカー天国(Riptech 社)

 世界の企業を対象にコンピュータ・ネットワークのセキュリティ監視業務を行っているRiptech 社(本社、サンフランシスコ)は1月28日、世界のサイバー攻撃に関する報告書を発表した。それによると、サイバー攻撃の発生件数は米国が一番多く、次いで韓国、中国、ドイツと

GOPトロイの木馬の感染力を超えるGOPワーム 画像
国際 ScanNetSecurity

GOPトロイの木馬の感染力を超えるGOPワーム

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、GOPトロイの木馬の感染力を上回るGOPワームが発見された。GOPワームは、感染した電子メールおよびネットワーク上の共有ディスクを介して拡散する。ファイル名が中国語になっておりEXEで終わる二重拡張子となっている

中国が情報セキュリティプロジェクトS219の第一段階が完了したと発表 画像
国際 ScanNetSecurity

中国が情報セキュリティプロジェクトS219の第一段階が完了したと発表

概要:  Chinadaily.comとその他のニュースメディアによると、中国の情報セキュリティパイロットプロジェクトであるプロジェクトS219の第一段階が完了したようである。

中国人民解放軍予備軍がコンピュータ・ネットワークを使って訓練の支援を行う 画像
国際 ScanNetSecurity

中国人民解放軍予備軍がコンピュータ・ネットワークを使って訓練の支援を行う

概要:  新華社通信によると、中国予備軍はコンピュータを中心にした情報通信技術を使用し軍隊の作戦行動、遂行及び訓練を積極的に行っているとの事。

メールを開封するだけで感染 Finaldoワームが急速に急激に増殖 画像
国際 ScanNetSecurity

メールを開封するだけで感染 Finaldoワームが急速に急激に増殖

概要:  Finaldoワームは、空欄になっている件名および主文の添付ファイルとして受信され、数種類のファイル形式に感染する。添付ファイルの容量は約46,000バイトで、.exeのような拡張子はついておらず、代わりに中国の国旗のアイコンがついている。

クラッキング警報(未確認) 画像
インシデント・事故 ScanNetSecurity

クラッキング警報(未確認)

 改竄、事件情報を扱うwebサイトEVERYDAY PEOPLEに 中国から 9月18日に、大規模な攻撃があるとの未確認情報が掲載された。  攻撃対象となっているwebサイトのIPアドレス一覧も掲載されている。

  1. 先頭
  2. 11
  3. 12
  4. 13
  5. 14
  6. 15
  7. 16
  8. 17
  9. 18
  10. 19
  11. 20
  12. 21
Page 19 of 21
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×