中国が情報セキュリティプロジェクトS219の第一段階が完了したと発表 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

中国が情報セキュリティプロジェクトS219の第一段階が完了したと発表

概要:  Chinadaily.comとその他のニュースメディアによると、中国の情報セキュリティパイロットプロジェクトであるプロジェクトS219の第一段階が完了したようである。

国際 海外情報
概要:
 Chinadaily.comとその他のニュースメディアによると、中国の情報セキュリティパイロットプロジェクトであるプロジェクトS219の第一段階が完了したようである。

 この共同プロジェクトは 2000年2月に発表され、上海市と中国科学技術省が進めているものだが、第一段階だけで中国全土から専門家と行政官が3,100人以上参加している。

 中国でこの種のプロジェクトが履行されるのは初めてのことで、成功すれば中国全土の情報セキュリティの強固な基盤を築くための重要なステップになると、科学技術省長官のXu Guanhua氏は語る。第一段階は、主に政府や金融機関、中国のメディアなどに関連するデータの情報セキュリティに重点を置いている。また、Chinadaily.comによると、ウイルスやハッカーの進入、データの喪失などをカバーする9種類のシステム・ソリューションをが開発されたようだ。

 S219プロジェクトは既に中国国内で45の特許を登録しており、ローカルな情報セキュリティ技術の規格の確立している。

情報ソース:
China Daily Dec. 14, 2001
http://www1.chinadaily.com.cn/cndy/2001-12-14/47920.html
Compulenta.ru Dec.17, 2001
http://www.compulenta.ru/news/2001/12/17/23284/

分析:
(iDEFENSE 米国) 中国当局がプロジェクトS219の成功に力を注いでいるのは明白であり、中国が独自の国内情報セキュリティのポリシーと技術の開発の必要性を認識していることを示している。また、上海市をその実験都市に選んだ点は、いくつかの利点がある。実験は地域限定的に実行することができるため問題や課題が浮上した際に小規模範囲で対処できる。よって、準備が整う前に全国的に実験を展開してしまうよりも、対処がしやすくなる。

現時点では、S219の第二段階がどのようなものか、またどのようなタイムフレームは明らかにされていない。特に注目すべき点は、プロジェクトS219が実際に中国の他の都市や行政体でも履行されるようになった時、真に国家レベルの情報セキュリティ事業となることである。


(詳しくはScan Daily EXpress本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【15:03 GMT、12、18、2001】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×