中国企業がウイルス警告を30分前に発すると約束 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

中国企業がウイルス警告を30分前に発すると約束

国際 海外情報

◆概要:
 中国の企業である深セン市安絡科技有限公司(Shenzhen Anluo Science and Technology:S&T)が、セキュリティとウイルスに関する警告を「30分以内に通知」すると発表した。その後に修正や対処法を「セキュリティ情報データベース」で公表するらしい。深セン市安絡科技有限公司は最近ネットワークセキュリティに関する科学技術セミナーを開催したが、これには地方政府関係者も参加し、クライアントに対するネットワーク防御における脆弱性のテストも行われた(ID# 108667, April 15, 2002)。テストした製品には、ネットワークセキュリティオンラインオーディットシステム(Network Security Online Audit System)とNetSentryと呼ばれる侵入検知システムが含まれている。同社はこれを「中国初のIDS」と呼んでいる。

 深セン市安絡科技有限公司は2000年1月に設立され、同社のサイトによると「Frankie」という名前の人物が運営している。報告では、Shenzhen Chen Guang Workshop(深セン陳関ワークショップ)、Fujian Tianxing Software Kingdom(福建天新ソフトウエア王国)、およびHunan China Hacker Technology Research Center(湖南中国ハッカー技術研究所)という 「国内トップのリサーチグループ3つが合同で設立」したものである。同サイトによると、同社は旧ユーゴスラビアにあった中国大使館をアメリカ軍が誤爆した事件後、1999年に米国政府のウェブサイトに侵入したハッカーを含む「white-hat」ハッカーたちが中心となり運営されていると書かれている。同社のメンバーの一部は、台湾のサイトをハッキングした事件にも関与しているという。

 深センの新聞、"Shenzhen Daily News"の2001年3月付記事には、「彼らはすばらしい成功を収めて、国内ではヒーローと見なされた」と書かれている。ただし、現時点では「独立した自発的ハッカー業は辞めた」と報告されている。

 深センは香港特別行政区のすぐ北にある都市である。

◆情報ソース:
・ iDEFENSE Intelligence Operations, April 15, 2002
・ Shenzhen Daily (http://www.szszd.com.cn/szdaily/2001/0326/14.htm),
March 26, 2001

◆分析:
 (iDEFENSE 米国)現時点では、ウイルス警告に関する上記の発表内容を確認するだけの十分な情報にアクセスできない状態である。深セン市安絡科技有限公司のウイルス警告サービスに契約しているのがどんな企業・個人なのか、興味深いところである。市、および区レベルの公安局局員も前述のセミナーに参加してはいたが、実際に顧客であるかどうかは不明である。

 同社が元ハッカーたちによって設立され、中国当局の公安局員となんらかの接点があることから、中国以外の国の企業が若干の危険性を伴うこのサービスを利用している可能性もある。

 広東省は、中国におけるハッカー活動の温床だといわれており、Code Redワームもここが発信地ではないかという疑いもある。また、同省は中国のもっともパワフルなハッカーグループである「China Eagle Union」の本部でもある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【12:24 GMT、04、18、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  7. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  8. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×