業界動向のニュース記事一覧(44 ページ目) | 製品・サービス・業界動向 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.17(火)

製品・サービス・業界動向 業界動向ニュース記事一覧(44 ページ目)

マイナンバー制度を扱う全ての端末のセキュリティ強化のため山梨県甲州市から顔認証セキュリティソフトウェアを受注(NEC) 画像
業界動向

マイナンバー制度を扱う全ての端末のセキュリティ強化のため山梨県甲州市から顔認証セキュリティソフトウェアを受注(NEC)

 NECは14日、山梨県甲州市から顔認証セキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor V2(ネオフェイス・モニター)」を受注したことを発表した。

災害発生地域における便乗商法や保証金詐欺、義援金詐欺に注意を呼びかけ(国民生活センター) 画像
業界動向

災害発生地域における便乗商法や保証金詐欺、義援金詐欺に注意を呼びかけ(国民生活センター)

 台風や豪雨、地震などの災害時、それに便乗した悪質商法が多発することから、国民生活センターが注意を呼びかけている。災害発生地域における便乗商法や保証金詐欺のほか、義援金詐欺なども過去の災害時に多数発生しているという。

「医療機関における電波利用推進部会」を設置(EMCC) 画像
業界動向

「医療機関における電波利用推進部会」を設置(EMCC)

 学識経験者、総務省などの関係省庁、業界団体らにより構成される「電波環境協議会」(EMCC)は11日、新たに、医療機関における電波利用推進に関して検討する「医療機関における電波利用推進部会」を設置することを発表した。14日付での設置となる。

大雨による浸水・冠水被害を受けた車両の対処方法を公開 画像
業界動向

大雨による浸水・冠水被害を受けた車両の対処方法を公開

 台風にともなう大雨により、茨城県・宮城県をはじめ、広い地域で浸水や冠水による被害が発生した。これを受け国土交通省は、「浸水・冠水被害を受けた車両」の対処方法をサイトで公開した。また東京電力は、被害状況の発表とともに、復旧に関するQ&Aを公開した。

組織内違法コピーの通報をうながす「報奨金プログラム」を開始(BSA) 画像
業界動向

組織内違法コピーの通報をうながす「報奨金プログラム」を開始(BSA)

BSAは、組織内違法コピーの解決につながる有力情報の提供者に対し、最高100万円を提供する「報奨金プログラム」を、12月31日までの期間限定で実施する。

デジタル複合機の政府調達のためのセキュリティ要件を日米で開発(IPA) 画像
業界動向

デジタル複合機の政府調達のためのセキュリティ要件を日米で開発(IPA)

IPA技術本部セキュリティセンターは、日本と米国においてデジタル複合機の政府調達のためのセキュリティ要件としての「ハードコピーデバイス(デジタル複合機)プロテクションプロファイル(HCD PP v1.0)」を公開した。

合同防犯キャンペーンとして自転車用ひったくり防止カバーを無料配布(大阪府東大阪市、八尾市) 画像
業界動向

合同防犯キャンペーンとして自転車用ひったくり防止カバーを無料配布(大阪府東大阪市、八尾市)

 東大阪市と八尾市(ともに大阪府)は10月16日に、合同防犯キャンペーンとして自転車用ひったくり防止カバーの無料配布および取り付けを実施することを発表した。

新幹線内の防犯カメラ機能を変更し常時録画体制を強化(JR東日本、JR西日本) 画像
業界動向

新幹線内の防犯カメラ機能を変更し常時録画体制を強化(JR東日本、JR西日本)

 JR東日本とJR西日本は9日、新幹線内の防犯カメラ機能を変更し、常時録画体制を強化したことを発表した。これまでは非常通報ボタンが押された時に録画していた設置箇所でも、常時録画体制へと移行を行う。

ホームの安全対策として遠隔セキュリティカメラシステムを追加(JR西日本) 画像
業界動向

ホームの安全対策として遠隔セキュリティカメラシステムを追加(JR西日本)

 JR西日本は8日、ホームの安全対策として「遠隔セキュリティカメラシステム」を追加したことを発表した。駅構内の防犯カメラ映像を自動解析して、蛇行する歩行者や座り込んでいる人物などを検知し、係員が対応するシステムとなっている。

【防災の基礎知識】気象庁、各自治体が発令する各種警報の違いを整理 画像
業界動向

【防災の基礎知識】気象庁、各自治体が発令する各種警報の違いを整理

 台風18号の影響により関東地方で猛烈な雨が降り各地で被害が出ている。それに伴い、気象庁からはさまざまな警報や注意報が発令され、各自治体からは「避難勧告」や「避難指示」が発令された。

[DEF CON 23] 正しい標的型攻撃メール訓練の運用法、ソーシャルエンジニアリングの国際的権威クリス・ハドナジーに聞く 画像
セミナー・イベント

[DEF CON 23] 正しい標的型攻撃メール訓練の運用法、ソーシャルエンジニアリングの国際的権威クリス・ハドナジーに聞く

「報告」は大切な効果測定要素です。理想的なのは、フィッシングと察知し、開封前にその存在を報告する従業員です。反対に「開封しなかったが報告を怠った」「開封したが報告した」「開封してなおかつ報告を怠った」これらの従業員すべてに改善の余地があります。

隊員指令システムのモバイル端末を「タフパッドFZ-X1」にリニューアル(ALSOK) 画像
業界動向

隊員指令システムのモバイル端末を「タフパッドFZ-X1」にリニューアル(ALSOK)

 綜合警備保障(ALSOK)は8日、「隊員指令システム」のモバイル端末を、パナソニック システムネットワークス製「タフパッドFZ-X1」などにリニューアルすることを発表した。「タフパッドFZ-X1」の導入台数としては国内最大規模とのこと。

【エンジニア女子 Vol.12】MVNO会員向けサービスのアプリ設計や開発ディレクションを担当……ニフティWEBサービス開発部角田睦美さん 画像
業界動向

【エンジニア女子 Vol.12】MVNO会員向けサービスのアプリ設計や開発ディレクションを担当……ニフティWEBサービス開発部角田睦美さん

今週は、ニフティに入社4年目のWEBサービス開発部・角田睦美さんの登場です。

国土交通省公開の「統合災害情報システムDiMAPS」の構築を支援(日本IBM) 画像
業界動向

国土交通省公開の「統合災害情報システムDiMAPS」の構築を支援(日本IBM)

 日本IBMは4日、国土交通省・国土地理院が1日から公開した「統合災害情報システムDiMAPS」の構築を支援したことを発表した。

Security Blue Note 第7回「次回 CODE BLUE で来日する、中国の脆弱性報告エコシステム『WooYun』とは何か」 画像
セミナー・イベント

Security Blue Note 第7回「次回 CODE BLUE で来日する、中国の脆弱性報告エコシステム『WooYun』とは何か」

現在では、WooYun は脆弱性報告者と関係企業をつなぐペンテスト提供組織として機能しています。対象はモバイル電話、システム、ウェブ、など。2015 年現在、企業は 3,000 社が登録し、ペンテスター登録者は累計で 10,000 人に及びます。

ソニー銀行の社内システムにトレンドマイクロの「DDI」を採用(トレンドマイクロ) 画像
業界動向

ソニー銀行の社内システムにトレンドマイクロの「DDI」を採用(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、ソニー銀行の社内システムに、トレンドマイクロが提供するネットワーク監視製品「Deep Discovery Inspector」がセキュリティ対策製品として採用されたと発表した。

夜間の映像監視を前提に遠距離でも鮮明に撮影可能な高感度ネットワークカメラを開発中(キヤノン) 画像
業界動向

夜間の映像監視を前提に遠距離でも鮮明に撮影可能な高感度ネットワークカメラを開発中(キヤノン)

 キヤノンは2日、大口径の超望遠ズームレンズを搭載し、夜間でも遠距離を鮮明に撮影可能な高感度ネットワークカメラの開発を進めていることを発表した。

届出から1年以上開発者と連絡がとれない脆弱性情報も公開へ(IPA) 画像
業界動向

届出から1年以上開発者と連絡がとれない脆弱性情報も公開へ(IPA)

IPAは、「脆弱性関連情報届出制度」において発見・届出された脆弱性の公開について、新たな運用を開始したと発表した。

防災と災害対処活動に関する相互協力で協定を締結(NTTグループ、日本郵政グループ) 画像
業界動向

防災と災害対処活動に関する相互協力で協定を締結(NTTグループ、日本郵政グループ)

 NTTグループと日本郵政グループは1日、防災および災害対処活動に関する相互協力で、協定を締結した。

【エンジニア女子 Vol.11】子どもの写真・動画共有アプリを開発……ミクシィ みてねグループ開発チーム神林麻衣さん 画像
業界動向

【エンジニア女子 Vol.11】子どもの写真・動画共有アプリを開発……ミクシィ みてねグループ開発チーム神林麻衣さん

今週は、ミクシィ みてねグループ開発チームの神林麻衣さんにご登場いただきました。

[DEF CON 23] 米で相次ぐサイバー攻撃、ソーシャルエンジニアリングはどう悪用されるのか~クリス・ハドナジー インタビュー 画像
特集

[DEF CON 23] 米で相次ぐサイバー攻撃、ソーシャルエンジニアリングはどう悪用されるのか~クリス・ハドナジー インタビュー

フィッシング攻撃は大幅な増加傾向にあり、規模の大きい攻撃では、「ビッシング」用のコールセンターを設立する例があります。フィッシングメールとビッシングを組み合わせる手法もあります。メールを送った直後に電話で連絡し、確認依頼をすると効果があるのです。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 20
  4. 30
  5. 39
  6. 40
  7. 41
  8. 42
  9. 43
  10. 44
  11. 45
  12. 46
  13. 47
  14. 48
  15. 49
  16. 50
  17. 60
  18. 最後
Page 44 of 529
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×