【画像】紙媒体の機密文書の所在・持ち出し確認などのセキュリティ用途に活用(帝人) (2/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

紙媒体の機密文書の所在・持ち出し確認などのセキュリティ用途に活用(帝人) 2枚目の写真・画像

研修・セミナー・カンファレンス

PaperBeaconは厚さ1.5mm程度で大きさは数cmから数mまで自由な形状が可能。電池で約1年間稼働し、電池交換も可能(撮影:防犯システム取材班)
PaperBeaconは厚さ1.5mm程度で大きさは数cmから数mまで自由な形状が可能。電池で約1年間稼働し、電池交換も可能(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. 自動車セキュリティはIoTの延長でよいのか? 最新動向セミナー開催

    自動車セキュリティはIoTの延長でよいのか? 最新動向セミナー開催

  2. 高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

    高度IT人材の発掘~セキュリティ・キャンプの応募課題がすごすぎる件

  3. 開発者などに向けたアプリケーションセキュリティトレーニングを無償開催(The OWASP Foundation)

    開発者などに向けたアプリケーションセキュリティトレーニングを無償開催(The OWASP Foundation)

  4. セキュリティとユーザーエクスペリエンスは本当にトレードオフなのか

  5. これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

  6. FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

  7. 防災情報をリアルタイムに多言語翻訳して表示(ピクセラ)

  8. CeCOS VIII レポート~フィッシングの特色

  9. [Security Days 2015 インタビュー] 第一世代サンドボックス製品が持っていた問題点をクリア(フォーティネットジャパン)

  10. 「情報セキュリティ EXPO【秋】」「第1回 攻撃検知コンテスト」他(セミナー情報)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×