【画像】紙媒体の機密文書の所在・持ち出し確認などのセキュリティ用途に活用(帝人) (3/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.23(水)

紙媒体の機密文書の所在・持ち出し確認などのセキュリティ用途に活用(帝人) 3枚目の写真・画像

研修・セミナー・カンファレンス

シート上数センチに電波を発しており、シートからデバイスを離すと閲覧資料をロックするといった機密文書への閲覧制限がかけられる(撮影:防犯システム取材班)
シート上数センチに電波を発しており、シートからデバイスを離すと閲覧資料をロックするといった機密文書への閲覧制限がかけられる(撮影:防犯システム取材班)

編集部おすすめの記事

研修・セミナー・カンファレンス アクセスランキング

  1. これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

    これまでの 20 年とこれからの 20 年 ~ Black Hat 2017 ジェフ・モス開会挨拶

  2. FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

    FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2017 注目 Briefings ~ マルウェアの復活

  3. 開発者などに向けたアプリケーションセキュリティトレーニングを無償開催(The OWASP Foundation)

    開発者などに向けたアプリケーションセキュリティトレーニングを無償開催(The OWASP Foundation)

  4. 自動車セキュリティはIoTの延長でよいのか? 最新動向セミナー開催

  5. [Security Days Spring 2017 インタビュー] IoTを含む百万以上のエンドポイントを可視化し、脅威を自動的に検出し封じ込める「ForeScout CounterACT」(フォアスカウト・テクノロジーズ)

  6. サイバー犯罪捜査に正しい知識と技術を - 静岡のITベンチャー

  7. アジア最大規模の国際セキュリティカンファレンス ISEC 2017、韓国ソウルで9月開催

  8. あのランサムウェアはいくら儲かったのか? Locky が 780 万ドル、WannaCry は?

  9. [Security Days Fall 2016 インタビュー] 「脅威インテリジェンス」活用で攻撃者の先手を打つ次世代セキュリティ(KPMGコンサルティング)

  10. [RSA Conference 2015 USA] IOC (Indicator of Compromise) は死んだのか? タニウム社 講演レポート

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×