紙媒体の機密文書の所在・持ち出し確認などのセキュリティ用途に活用(帝人) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

紙媒体の機密文書の所在・持ち出し確認などのセキュリティ用途に活用(帝人)

帝人は東京ビッグサイトで開催されていた「自動認識総合展」にて、RFIDタグによる棚管理システム「Recopick(レコピック)」や、Bluetooth LEによるシート型ビーコン「PaperBeacon」の展示を行った。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
 帝人は東京ビッグサイトで開催されていた「自動認識総合展」にて、RFIDタグによる棚管理システム「Recopick(レコピック)」や、Bluetooth LEによるシート型ビーコン「PaperBeacon」の展示を行った。

●RFIDで棚ごと管理する「Recopick」

 「Recopick」は、棚板部分にシート上のアンテナが設置されており、ICタグが取り付けられた物品の入出庫やロケーションを正確に管理する棚管理システム。監視対象を棚ごと一括読み取りすることで、リアルタイムに利用状況や保管状況の把握を行える。

 利用者情報と紐付けることで、紙媒体の機密文書の所在・持ち出し確認などのセキュリティ用途や、厳格な在庫管理業務などに活用することができる。

●閲覧場所を制限できる「PaperBeacon」

 「PaperBeacon」は、帝人とタグキャスト、東京大学発のベンチャー企業セルクロスの3社が共同で開発した表面認証ビーコン。Bluetooth LEを用いてテーブル上に置かれたスマートフォンやタブレットをNFC(近距離無線通信技術)のように面で認識し、テーブルにデバイスが置かれた状態のみ資料の閲覧や出席確認、注文など特定の動作を行うことができる。

 これにより機密文書が入ったデバイスを持ち出されて不正に閲覧されるといった事例を抑止することが可能だ。

機密文書の持ち出しや不正閲覧を抑止……自動認識技術を用いた管理システム

《防犯システム取材班@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×