【RSA Conference US 2015】ユーザの行動や不審アクセス監視機能をもつ「UserInsight」が米国市場で好感触(Rapid7) 2枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

【RSA Conference US 2015】ユーザの行動や不審アクセス監視機能をもつ「UserInsight」が米国市場で好感触(Rapid7) 2枚目の写真・画像

脆弱性管理ソリューション「Nexpose」とペネトレーションテストツール「Metasploit」を活用することで、企業インフラにおける脆弱性の独自スコアリングを提供するRapid7は、今回のRSA Conferenceでも規模の大きい展示ブースを展開している。

特集
Rapid7の展示ブース
Rapid7の展示ブース

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×