仮想化によって拡大するセキュリティリスク、海外子会社で発生したVM削除事件 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

仮想化によって拡大するセキュリティリスク、海外子会社で発生したVM削除事件 1枚目の写真・画像

2011年に塩野義製薬の米国部門で、レイオフされた元社員が、退職後に特権アカウントでログインして、15のVMWareのホスト上にある、88の仮想サーバを削除して、物流や社内業務に数日間の大混乱を引き起こす事件が発生しています。

特集
「VMのスプロール化がセキュリティ企業に新しい課題をつきつける」 CA Technologies 社 Nimrod Vax 氏
「VMのスプロール化がセキュリティ企業に新しい課題をつきつける」 CA Technologies 社 Nimrod Vax 氏

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×