仮想化によって拡大するセキュリティリスク、海外子会社で発生したVM削除事件 | ScanNetSecurity
2020.10.29(木)

仮想化によって拡大するセキュリティリスク、海外子会社で発生したVM削除事件

2011年に塩野義製薬の米国部門で、レイオフされた元社員が、退職後に特権アカウントでログインして、15のVMWareのホスト上にある、88の仮想サーバを削除して、物流や社内業務に数日間の大混乱を引き起こす事件が発生しています。

特集 特集
セキュリティへの不安を持ちながらも、企業システムの仮想化とクラウド化は進んでおり、基幹システムにもそれが及び始めている。CA Technologies でアイデンティティ/アクセス管理製品のR&Dを担当する Nimrod Vax 氏に、仮想環境のセキュリティについて話を聞いた。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×