フィッシングによるインターネットバンキング不正送金被害急増 | ScanNetSecurity
2024.06.16(日)

フィッシングによるインターネットバンキング不正送金被害急増

 警察庁と金融庁は8月8日、フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金について、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威
不正送金発生状況

 警察庁と金融庁は8月8日、フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金について、注意喚起を発表した。

 両庁では2023年4月に、インターネットバンキングに係る不正送金事犯による被害急増に関する注意喚起を実施するとともに、被害金融機関と連携し対策を講じているが、その後も被害は拡大し続け、2023年上半期の被害件数は8月4日時点で過去最多の2,322件、被害額も約30.0億円となっている。

 両庁によると、被害の多くはフィッシングによるものとみられ、金融機関(銀行)を装ったフィッシングサイトへ誘導するメールやSMSに記載されたリンクからアクセスした偽サイトに、IDやワンタ
イムパスワード・乱数表等を入力しないよう注意を呼びかけている。

 また一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)でも同日、注意喚起を行っている。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. NISCを騙る不審な電話に注意喚起、サイバー攻撃の賠償や保険料要求

    NISCを騙る不審な電話に注意喚起、サイバー攻撃の賠償や保険料要求

  2. 「WhatsApp」の通知を装うスパムメールを確認、標的はモバイル端末(トレンドマイクロ)

    「WhatsApp」の通知を装うスパムメールを確認、標的はモバイル端末(トレンドマイクロ)

  3. マイクロソフトが 6 月のセキュリティ情報公開、適用を呼びかけ

    マイクロソフトが 6 月のセキュリティ情報公開、適用を呼びかけ

  4. ピクセラ製 PIX-RT100 に複数の脆弱性

  5. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  6. ESXiを標的としたランサムウェア攻撃、2日間で3,195台の被害を確認

  7. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  8. 「サイバーエージェント」の社名を騙った詐欺サイトを複数確認、注意を呼びかけ(サイバーエージェント)

  9. Sangoma Technologies製 CG/MG family driver cg6kwin2k.sys に IOCTL に対する不十分なアクセス制御の脆弱性

  10. (2015年2月5日) 関東甲信地方で5日朝から6日にかけて降雪、大雪となるおそれも(気象庁)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×