危険なショッピングサイトを即確認「SAGICHECK」が日本語サイトに対応 ~ JC3 情報提供 | ScanNetSecurity
2024.04.20(土)

危険なショッピングサイトを即確認「SAGICHECK」が日本語サイトに対応 ~ JC3 情報提供

JC3は、同センターが収集した偽ショッピングサイトの情報をScamAdviserに提供を開始。ScamAdviserはウェブサイトの危険性を確認できる「SAGICHECK」を公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本サイバー犯罪対策センター(JC3)は3月1日、同センターが収集した偽ショッピングサイトの情報を、オランダに拠点を持つ団体Ecommerce Operations B.V.が運営するScamAdviserに提供を開始すると発表した。

 同団体では、ウェブサイトの信憑性について、インターネット利用者が確認できるサービスを提供しており、今回新たに各国の言語で表示される確認サイトを展開、「SAGICHECK」として公開された。

 SAGICHECKは、ウェブサイトの危険性の有無を確認できる無料サイト。JC3から情報提供された日本語の偽ショッピングサイトは、「安全ではないサイト」として表示される。また、ScamAdviserの確認結果に加えて、他サービスの確認結果も同時に表示される。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×