Google Chrome M86以降では混在フォームで警告を表示(Google) | ScanNetSecurity
2020.09.25(金)

Google Chrome M86以降では混在フォームで警告を表示(Google)

グーグル合同会社(Google)は9月7日、安全でないフォームからGoogle Chromeユーザーを守る機能について紹介した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
グーグル合同会社(Google)は9月7日、安全でないフォームからGoogle Chromeユーザーを守る機能について紹介した。

同社によると、Chrome M86以降では保護されたページ(HTTPS)で入力されたフォームが安全でない形で送信される場合、警告を表示するようになる。このようなHTTPSサイト上にあってHTTPSを使わず送信される「混在フォーム」は、ユーザーのセキュリティやプライバシーのリスクとなり盗聴の可能性があるため、フォームの機密データが悪意のあるユーザーによって読み取られたり改ざんされる可能性がある。

Chrome M86以前では、混在フォームであってもアドレスバーの鍵アイコンが表示されなくなるだけで、ユーザーに安全でないフォームでデータ送信を行うリスクが適切に伝わっていなかった。

Chrome M86以降では混在フォームでの自動入力が無効になり、ユーザーが混在フォームへの入力を始めるとテキストによる警告でフォームが安全でないことが通知、ユーザーが混在フォームを送信しようとすると潜在的なリスクを警告し、送信の確認画面がページ全体に表示されるようになる。

同社ではデベロッパーに向けて、ユーザー保護のためサイトのフォームをHTTPSに完全に移行するよう呼びかけている。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×