SIEM 市場狙う Elastic 社、その思惑と課題(The Register) | ScanNetSecurity
2020.02.29(土)

SIEM 市場狙う Elastic 社、その思惑と課題(The Register)

Black Hat Europe

国際 TheRegister
Black Hat Europe

 オープンソース検索エンジン「 Elasticsearch 」の開発会社である Elastic は独自の SIEM を発表した。やや意外な動きに思えるだろうが、Elasticsearch を有益なセキュリティ製品として使用している企業がどれほど多いかを考えれば納得できる。

 知らない人のために説明すると、SIEM とは「セキュリティ情報イベント管理( Security Information and Event Management )」の略で、疑わしいネットワーク活動に対するあらゆるアラートや警告を監視し、さまざまなソースからデータを引き出し、それを管理しやすい形で提供することを大げさに表現した言葉だ。

 Elastic は「 Elastic の ECK ツールが Elasticsearch on Kubernetes 向けの公式検索機能である」とした最近の発表を足がかりにして、同社のオープンソースツールで利益を得ている他社から、市場の地歩を取り戻したがっている。
《The Register》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×