サイバー犯罪者がある種の道徳的指針を持つ時代は過ぎ去った | ScanNetSecurity
2024.04.24(水)

サイバー犯罪者がある種の道徳的指針を持つ時代は過ぎ去った

 ビッグイシューは、ホームレスの人々、ホームレスになる恐れのある人々、貧困の中にある人々に、お金を稼いで社会復帰するチャンスを与えることにより命綱を差し出す役割を果たしている。同グループへの攻撃は、病院や慈善団体への攻撃となんら変わらないものとみなしてよいだろう。このような攻撃は道徳的に忌まわしいものとみなされる。たとえサイバー犯罪者であってもそう考えるはずだ。

国際
www.bigissue.com

 ホームレスの人々のためのストリートペーパー「ビッグイシュー」の親会社である社会的企業が、ランサムウェア Qilin の一味によるサイバーセキュリティ攻撃と闘っている。

 Qilin の情報漏洩サイトへの書き込みで、一味はこの企業のデータ 550 GB分を盗んだと主張しており、今までに公開された内容を見ると、盗んだ情報は膨大で損害も大きいようだ。

 12 枚の写真により、ビッグイシューの親会社 Big Issue Group のポール・チール CEO の運転免許証と給与情報が暴露されたようだ。

 Big Issue Group の社会的インパクト投資を担う Big Issue Invest のダニヤル・サッター CEO のパスポートと銀行情報も流出したもようである。

 サッター氏のパスポートは、Qilin の関連組織の手中にあると思われる多数のパスポートのうちのひとつに過ぎない。この組織は、従業員のパスポートのスキャン画像とされるものが無数に並ぶファイルエクスプローラーページのスクリーンショットをネットにアップした。

 別の画像には、エクセルのスプレッドシートに記載されたフルネーム、勤務先メールアドレス、自宅住所など、一連の従業員データが写っていた。

 流出したまた別のスプレッドシートには、個人のメールアドレスや銀行情報(口座番号、氏名、ソートコードなど)などのデータが、フルネームや自宅住所のような他の情報と一緒に記載されていた。

 会社が公表していない財務情報もネットにアップされた。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 訃報:セキュリティの草分けロス・アンダーソン氏 死去 67 歳、何回分かの生涯に匹敵する業績

    訃報:セキュリティの草分けロス・アンダーソン氏 死去 67 歳、何回分かの生涯に匹敵する業績

  2. ウクライナの違法な仮想通貨のマイニング工場を摘発、PS4など3,800台のゲーム機を押収

    ウクライナの違法な仮想通貨のマイニング工場を摘発、PS4など3,800台のゲーム機を押収

  3. データベースに不正アクセス、ダークウェブで売却した IT 管理者 5 年半の実刑判決

    データベースに不正アクセス、ダークウェブで売却した IT 管理者 5 年半の実刑判決

  4. 米任天堂、海賊版ROMデータ配布サイト「RomUniverse」に勝訴も損害賠償額は大幅減

  5. Weekly Topics:多発する国税庁関連のフィッシング詐欺

  6. 日本警視庁、ISP 業界に Tor の禁止を求める~ネット上の匿名人物?それなら悪いやつに違いない(The Register)

  7. マイクロソフト「警告を受けなかったと言わせない」Basic 認証無効化期限迫る

  8. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  9. 100 人のセレブ女性がオンラインでヌードを晒される~Apple の iCloud アカウントハッキングの犠牲となったセレブリティたち(The Register)

  10. 1トン重いと知らずに飛んだボーイング機、原因はチェックインプログラムのオフショア開発委託先国の「文化」の違い

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×