マルウェアが検知回避に利用する23種類の闇ツールの料金や条件などを紹介(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.14(水)

マルウェアが検知回避に利用する23種類の闇ツールの料金や条件などを紹介(マカフィー)

マカフィーは、2017年第1四半期の脅威レポート「McAfee Labs脅威レポート: 2017年6月」の日本語版を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マカフィー株式会社は7月6日、2017年第1四半期の脅威レポート「McAfee Labs脅威レポート: 2017年6月」の日本語版を公開した。レポートによると、同四半期にMcAfee Global Threat Intelligence(GTI)が受信したクエリは1日平均550億件、阻止した不正なファイルは1日あたり3,400万件と、前四半期の7,100万件から減少している。一方、不審なプログラム(PUP)は1日あたり5,600万件と、前四半期(3,700万件)から増加した。

またレポートでは、「マルウェアが利用する回避技術とその傾向」「普通の場所が一番目立たない: ステガノグラフィーの隠れた脅威」「パスワードを盗み出すFareitの脅威」をトピックに挙げ、詳しく解説している。特に、マルウェアが利用する回避技術では、闇市場で販売されている23種類の検出回避ツールについて、説明と製品・サービスの種類、料金をまとめている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×