マルウェアが検知回避に利用する23種類の闇ツールの料金や条件などを紹介(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.08.01(日)

マルウェアが検知回避に利用する23種類の闇ツールの料金や条件などを紹介(マカフィー)

マカフィーは、2017年第1四半期の脅威レポート「McAfee Labs脅威レポート: 2017年6月」の日本語版を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マカフィー株式会社は7月6日、2017年第1四半期の脅威レポート「McAfee Labs脅威レポート: 2017年6月」の日本語版を公開した。レポートによると、同四半期にMcAfee Global Threat Intelligence(GTI)が受信したクエリは1日平均550億件、阻止した不正なファイルは1日あたり3,400万件と、前四半期の7,100万件から減少している。一方、不審なプログラム(PUP)は1日あたり5,600万件と、前四半期(3,700万件)から増加した。

またレポートでは、「マルウェアが利用する回避技術とその傾向」「普通の場所が一番目立たない: ステガノグラフィーの隠れた脅威」「パスワードを盗み出すFareitの脅威」をトピックに挙げ、詳しく解説している。特に、マルウェアが利用する回避技術では、闇市場で販売されている23種類の検出回避ツールについて、説明と製品・サービスの種類、料金をまとめている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×