7月はフィッシング詐欺サイトが引き続き微増(BBソフトサービス) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.17(木)

7月はフィッシング詐欺サイトが引き続き微増(BBソフトサービス)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

BBソフトサービス株式会社は8月6日「インターネット詐欺リポート(2013年7月度)」を発表した。本レポートは、同社の「Internet SagiWall」が検出・収集した危険性の高いネット詐欺サイトの数やカテゴリーなどを分析したもので、日本のインターネットユーザに注意喚起を促すことを目的として、インターネット利用者が直面するネット詐欺の脅威を報告するもの。7月のインターネット詐欺サイトの検知数は61万2,669件で、前月と比べて4.7%減少した。ネット詐欺の種類別では、ワンクリック・不当請求詐欺サイトが98.0%(前月比0.3ポイント増)を占めた。フィッシング詐欺サイト(1.2%:前月比0.1ポイント増)は増加している。

OSごとのネット詐欺種類別検知率では、ワンクリック・不当請求詐欺サイトの割合がAndroidで99.76%となっている。また7月は、韓国の人気アイドルグループの情報交換掲示板に、フィッシング詐欺サイトのURLが投稿されていた。この掲示板自体は有害なものではなく、アイドルのファンが積極的にコンサートチケットなどの情報交換を行うサイトであった。同社では、掲示板やTwitter、Facebookなど、サイト自体には問題がなくても、投稿されたURLに問題があり、詐欺やウイルスに引っ掛かってしまうケースが最も多いとして注意を呼びかけている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

    日本の従業員がサイバー攻撃を受けた経験は世界平均の約半分、意識の甘さも(A10)

  2. 休暇中もデバイスをオフラインにしない日本人、公共Wi-Fi利用のリスクを指摘(マカフィー)

    休暇中もデバイスをオフラインにしない日本人、公共Wi-Fi利用のリスクを指摘(マカフィー)

  3. サイバー犯罪者に人気の電子カルテ、しかし10万台の医療機器がネットに露出(トレンドマイクロ)

    サイバー犯罪者に人気の電子カルテ、しかし10万台の医療機器がネットに露出(トレンドマイクロ)

  4. 「顔貌売人 ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬」柳井 政和(ブックレビュー)

  5. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  6. ログ分析で今すぐ始めるセキュリティ運用 ~ ログ分析の基本の「き」

  7. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  8. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  9. IoT機器の遠隔操作を狙う通信が1年で6.4倍に増加--年次レポート(NRIセキュア)

  10. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×