ネット詐欺体験エピソード、フィッシング詐欺に関するものが半数近くを占める | ScanNetSecurity
2024.03.04(月)

ネット詐欺体験エピソード、フィッシング詐欺に関するものが半数近くを占める

 BBソフトサービス株式会社は1月17日、ネット詐欺についての体験エピソードを分析した「ネット詐欺体験エピソード調査レポート」を同社が運営する詐欺ウォールで公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 BBソフトサービス株式会社は1月17日、ネット詐欺についての体験エピソードを分析した「ネット詐欺体験エピソード調査レポート」を同社が運営する詐欺ウォールで公開した。

 同調査は、2023年8月23日から8月31日、9月23日から10月6日の2回にわたってX(旧Twitter)で実施した「自身や家族が体験したネット詐欺に関するエピソード」を募集するキャンペーンに投稿されたエピソード938件をもとに、同社が独自に分析を行ったもの。

 募集したエピソードを詐欺ウォールが定義するネット詐欺のカテゴリごとに分類したところ、1位はフィッシング詐欺の43.3%(406件)に、2位はSNS関連詐欺の16.1%(151件)に、3位は偽販売サイトの7.9%(74件)であった。

 フィッシングメールや偽警告などに遭遇しただけでなく、実際の被害に遭った、もしくは遭う可能性があるエピソードは938件中136件で、全体の14%だった。

 フィッシング詐欺被害に遭ったエピソードのうち、66%(90件)が「カードを不正利用された」「偽サイトで商品を買ってしまい、届かなかった」などの金銭被害、29%(40件)が「住所を入力してしまった」「カード番号を入力してしまった」などの個人情報漏えいの可能性がある内容であった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×