Adobe Flash Playerへのゼロデイ攻撃を解析、ファンジング手法を確認(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

Adobe Flash Playerへのゼロデイ攻撃を解析、ファンジング手法を確認(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は10月28日、「Adobe Flash Player」の新たな脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃について「セキュリティ最前線」で発表した。この攻撃では、WindowsやMac、Linux、Solaris、Androidといった複数のプラットフォームが影響を受けた。この脆弱性が悪用さ

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は10月28日、「Adobe Flash Player」の新たな脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃について「セキュリティ最前線」で発表した。この攻撃では、WindowsやMac、Linux、Solaris、Androidといった複数のプラットフォームが影響を受けた。この脆弱性が悪用されるとシステムがクラッシュし、サイバー犯罪者は感染コンピュータ上で不正なコマンドを実行したり、感染コンピュータを制御することが可能となる。

同社の製品では、この不正なSWFファイルを「SWF_DLOADR.APP」として検出する。このSWFファイルが実行されると滝のアニメーションを表示し、ユーザに気付かれないように不正活動を行う。このアニメーションファイルには、今回の脆弱性利用が実行できるかどうか検証するためのコードが挿入されていたことが判明している。この手法は「ファジング」と呼ばれる。また、同じ脆弱性を狙う別の攻撃では、この不正プログラムのコード内に、不正プログラム作成者からの、セキュリティ企業を妨害するようなメッセージが埋め込まれていたという。このため、興味本位で第三者に被害を与える「スクリプトキディ」の手により作成されたのではないかと同社では推測している。

http://jp.trendmicro.com/jp/threat/securityheadlines/article/20101027025714.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×