アドビの「authplay.dll」脆弱性はFlash Playerの最新版でも回避できない(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.16(日)

アドビの「authplay.dll」脆弱性はFlash Playerの最新版でも回避できない(NTTデータ・セキュリティ)

NTTデータ・セキュリティ株式会社は6月15日、同社が6月11日に公開した「Adobe Reader、AcrobatおよびFlash Playerのauthplay.dllに発見された脆弱性(CVE-2010-1297)に関する検証レポート」関して追記を行ったと発表した。この脆弱性は、ActionScript Virtual Machine2

製品・サービス・業界動向 業界動向
NTTデータ・セキュリティ株式会社は6月15日、同社が6月11日に公開した「Adobe Reader、AcrobatおよびFlash Playerのauthplay.dllに発見された脆弱性(CVE-2010-1297)に関する検証レポート」関して追記を行ったと発表した。この脆弱性は、ActionScript Virtual Machine2(AVM2)に対し、細工されたAVM2 newfunction命令を実行させることで任意のコードを実行される可能性があるというもの。

前回、同社ではこの脆弱性の再現性を検証、ターゲットシステムにWebブラウザを通じて細工したPDFファイルをロードさせることで任意のコードの実行が可能であるとした。しかし、この手法による攻撃はFlash Playerの最新版をインストールしていても成立することが確認されており、本脆弱性が修正されると思われる6月29日リリース予定のAdobe ReaderおよびAcrobatの更新まで、ユーザはアドビ社が提示している軽減策を講じることが望ましいとしている。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×