博物館の催し物に参加した児童などの個人情報を記録したUSBメモリを紛失(岐阜県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.18(金)

博物館の催し物に参加した児童などの個人情報を記録したUSBメモリを紛失(岐阜県)

製品・サービス・業界動向 業界動向

岐阜県社会教育文化課は5月29日、同県博物館の催し物に参加した児童生徒等の個人情報を記録した公用USBメモリが紛失していることが判明したと発表した。5月5日、館内のアンケート回収箱に4月中に寄せられた来館者からの意見を整理していたところ、「名前の書かれたUSBメモリを拾ったので、職員らしい方に渡した」という旨の自由記述のあるアンケートを発見した。

同課では職員にUSBメモリの拾得報告を受けたものがいないか確認する一方で、名前の一致する職員に確認させたところ、利用している2本のUSBメモリのうち1本が所在不明であることがわかった。5月28日には、県博物館職員がUSBメモリを紛失している旨の外部からの投書があり、事実確認の結果、児童生徒等の個人情報を記録したUSBメモリであることが判明した。紛失したUSBメモリには、県博物館主催のワークショップ参加者(3回分)の名簿

・保育園児2名分、小学生10校30名分および保護者5名の氏名、性別、学校名、学年学級、自宅電話番号(うち8名の児童については住所も含む)
・中学生15名分の氏名、性別、学年
・一般団体5名分の性別、氏名、役職、住所、生年月日

などが記録されていたという。

http://www.pref.gifu.lg.jp/contents/news/release/H22/z00000272/files/kisya.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

    ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

  3. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

    リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  4. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  5. ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン)

  6. SOC運用ノウハウの反映で攻撃プロセスを可視化、検知後の対応を効率化(PFU)

  7. VMwareのモバイル基盤サービスを自社導入ノウハウ加え提供、働き方改革にも(NEC)

  8. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  9. サイバー攻撃対策要員養成アカデミーに産業制御系システム対応コースを新設(DNP)

  10. DDoS緩和およびWAFのクラウドサービスに、JSOCが対応するMSSを提供(ラック、アカマイ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×