ネット犯罪被害に遭いにくいのは「奈良県民」、遭いやすいのは香川と秋田(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

ネット犯罪被害に遭いにくいのは「奈良県民」、遭いやすいのは香川と秋田(シマンテック)

シマンテック コーポレーションは2月23日、日本全国の4,700名のインターネットユーザーに対して実施した「インターネット利用時の防犯意識と実態」の調査結果を発表した。これによると、インターネット利用において、防犯意識が高くインターネット犯罪の被害に最も遭いに

製品・サービス・業界動向 業界動向
シマンテック コーポレーションは2月23日、日本全国の4,700名のインターネットユーザーに対して実施した「インターネット利用時の防犯意識と実態」の調査結果を発表した。これによると、インターネット利用において、防犯意識が高くインターネット犯罪の被害に最も遭いにくい県民を総合的に判断すると、「堅実」で「情報に敏感」な県民性を持つ奈良県民であることが判明した。

奈良県は、セキュリティソフトの使用率は87%、インターネットの利用歴も比較的長い「7年以上」が74%と全国2位で、また「初対面の人の話を信じるか」に対しては「全然信じない」「あまり信じない」との回答が合計54名で3位であった。さらに、詐欺や他人に騙された人の話を聞いた時は、「自分も注意しなければと思う」が、86%(5位)であった。なお、反対にインターネット犯罪に遭う可能性が最も高い県民を今回の調査と県民性から判断すると、「好奇心が旺盛で流行りものに飛びつく」香川県民と、「衝動的な言動が多い」秋田県民であるという。

http://www.symantec.com/ja/jp/about/news/release/article.jsp?prid=20100223_02
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×