犯罪者が新たに開発したマルウェアも多数、マルウェアマンスリーレポート(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

犯罪者が新たに開発したマルウェアも多数、マルウェアマンスリーレポート(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japanは2月2日、2010年1月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートでは、2種類のマルウェアランキングが公開されている。ユーザのPC上で検知されたマルウェアのランキングでは、上位5位までのプログラム3ヶ月間にわたって6位以下

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社Kaspersky Labs Japanは2月2日、2010年1月の「マルウェアマンスリーレポート」を発表した。レポートでは、2種類のマルウェアランキングが公開されている。ユーザのPC上で検知されたマルウェアのランキングでは、上位5位までのプログラム3ヶ月間にわたって6位以下に大差をつけている。ただし、比較的安定しているこのランキングに、1月は7種のマルウェアが新たにランクインした。

新たにランクインしたプログラムのうち3種は、リムーバブルデバイス経由で感染を拡大する「Trojan.Win32.Autorun」の亜種となっている。一方、インターネット上のマルウェアランキングでは、引き続きサイバー犯罪者が新たに開発したマルウェアが多く見られた。新たにランクインしたものでは、よく使用されるソフトウェアの脆弱性を悪用するスクリプトダウンローダや、偽のウイルス対策ソフトの拡散用にテンプレートを使用して制作されたWebページなどがある。また、Gumblarの大流行について、2回目である今回はかなり早く収束したと言えると報告している。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578800
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×