情報セキュリティ技術動向調査[2008年下期]について報告(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

情報セキュリティ技術動向調査[2008年下期]について報告(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティーセンター(IPA/ISEC)は3月23日、「情報セキュリティ技術動向調査TG(タスクグループ)」が2008年12月19日に開催した第2回会合の結果を基にまとめた「情報セキュリティ技術動向調査(2008 年下期)」を公開した。報告書はIPAのサイトから無償でダウンロードできる。この報告書はIT技術者を読者に想定したもの。

 技術者によるエンジニアリング活動の中で注目すべき動向や話題を、各委員独自の視点から紹介・解説したものを取りまとめている。報告書では技術動向として、DNSSEC、SYSLOG、セキュアOSを取り上げている。また、テンポラリファイルの扱いやウイルスの動向、ダークネット観測の技術動向と観測事例も紹介している。さらに、IPsec関連技術の標準化動向、ResourcePKI、アイデンティティ管理技術の動向についてもまとめられている。

http://www.ipa.go.jp/security/fy20/reports/tech1-tg/index2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×