勤務中の職場PCによるプライベートメール、「する」が約半数(HDE) | ScanNetSecurity
2022.01.21(金)

勤務中の職場PCによるプライベートメール、「する」が約半数(HDE)

 株式会社HDEは1月27日、「勤務中におけるプライベートメール」に関する実態調査の結果を発表した。この調査は2008年12月24日から25日にかけて、ビジネスでメールを利用しているユーザを対象にインターネットリサーチによって実施したもの。有効回答者数は515名で、男性

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社HDEは1月27日、「勤務中におけるプライベートメール」に関する実態調査の結果を発表した。この調査は2008年12月24日から25日にかけて、ビジネスでメールを利用しているユーザを対象にインターネットリサーチによって実施したもの。有効回答者数は515名で、男性72%、女性28%であった。調査結果によると、勤務中にプライベートメールをしているかという質問では、職場のPCを利用して「プライベートメールをする」が54.2%、「プライベートメールをしない」が45.8%と「する・しない」でほぼ半数に分かれた。一方、私物の携帯電話利用では、71.8%が勤務中にプライベートメールをしていると回答した。

 勤務中の職場PCによるプライベートメールについて、役職別で「する」と回答した割合は「一般社員」が52.1%に対して「経営者/役員」が86%、「部長」が71%という結果になった。送信相手は「職場の仲間」(52.7%)、「プライベートな友人・知人」(45.9%)となっている。メールのツールは「Yahoo!メール」「Microsoft Outlook Express」「Microsoft Office Outlook」の利用が多い。職場PCによるプライベートメールの禁止については、「就業規則などで禁止されている」が20.6%、「規則ではないが暗黙のルールで禁止されている」が27.8%と、約半数の職場が何らかの形でプライベートメールを禁止していることがわかった。一方、「禁止されるような制限は無い」という職場も45%あった。


http://www.hde.co.jp/reports/20090127/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×