F-Secure、2008年第1四半期のデータセキュリティを総括 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

F-Secure、2008年第1四半期のデータセキュリティを総括

 日本エフ・セキュア株式会社によると4月4日、F-Secure社が2008年第1四半期データセキュリティ総括を発表した。発表によると、新種のマルウェアは決して増えていないが、同社のセキュリティ研究所にはマルウェアのサンプルが毎日、平均25,000件届いている。この傾向が続

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本エフ・セキュア株式会社によると4月4日、F-Secure社が2008年第1四半期データセキュリティ総括を発表した。発表によると、新種のマルウェアは決して増えていないが、同社のセキュリティ研究所にはマルウェアのサンプルが毎日、平均25,000件届いている。この傾向が続くと、ウイルスとトロイの木馬の総数は、2008年末までに100万の大台を突破するという。現在は以前より多くのウイルスが作成されているが、実際に報告されるケースは減っている。これは、マルウェア作成者がウィルスの感染経路を変更したためだという。

 1〜2年前まで、大半のマルウェアは電子メールに添付されていて、「Bagle」「Mydoom」「Warezov」など爆発的に流行したマルウェアは、すべてメールに添付されていた。しかし、現在では電子メールに添付した実行ファイル(.exe)はフィルタで除去されるため、こうした攻撃方法は沈静化している。それに代わり、ユーザをWebサイトに誘導してマルウェアをダウンロードさせる方法が主流になった。いずれのケースでも、スパムメールが利用されるが、現在は実行ファイルを添付せずに偽のWebサイトへ誘導するリンクが本文に張られている。マルウェアの感染経路は、このようにSMTPからHTTPに変わっているとしている。


F-Secure社、2008年第1四半期データセキュリティ総括を発表
http://www.f-secure.co.jp/news/200804041/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×