F-Secure、2008年第1四半期のデータセキュリティを総括 | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

F-Secure、2008年第1四半期のデータセキュリティを総括

 日本エフ・セキュア株式会社によると4月4日、F-Secure社が2008年第1四半期データセキュリティ総括を発表した。発表によると、新種のマルウェアは決して増えていないが、同社のセキュリティ研究所にはマルウェアのサンプルが毎日、平均25,000件届いている。この傾向が続

製品・サービス・業界動向 業界動向
 日本エフ・セキュア株式会社によると4月4日、F-Secure社が2008年第1四半期データセキュリティ総括を発表した。発表によると、新種のマルウェアは決して増えていないが、同社のセキュリティ研究所にはマルウェアのサンプルが毎日、平均25,000件届いている。この傾向が続くと、ウイルスとトロイの木馬の総数は、2008年末までに100万の大台を突破するという。現在は以前より多くのウイルスが作成されているが、実際に報告されるケースは減っている。これは、マルウェア作成者がウィルスの感染経路を変更したためだという。

 1〜2年前まで、大半のマルウェアは電子メールに添付されていて、「Bagle」「Mydoom」「Warezov」など爆発的に流行したマルウェアは、すべてメールに添付されていた。しかし、現在では電子メールに添付した実行ファイル(.exe)はフィルタで除去されるため、こうした攻撃方法は沈静化している。それに代わり、ユーザをWebサイトに誘導してマルウェアをダウンロードさせる方法が主流になった。いずれのケースでも、スパムメールが利用されるが、現在は実行ファイルを添付せずに偽のWebサイトへ誘導するリンクが本文に張られている。マルウェアの感染経路は、このようにSMTPからHTTPに変わっているとしている。


F-Secure社、2008年第1四半期データセキュリティ総括を発表
http://www.f-secure.co.jp/news/200804041/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×