オンラインゲーム 裏サイトのDLファイル、半分以上が悪性コード | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

オンラインゲーム 裏サイトのDLファイル、半分以上が悪性コード

製品・サービス・業界動向 業界動向

 G DATA Software株式会社は2月29日、ジーデータ・セキュリティラボが、Gfkのトップ30にあたるゲームに関連するP2Pファイル共有サイトから2007年12月〜2008年1月にかけて収集したDLファイル977件を調査した結果、そのうちの54%を占める528件がマルウェアだったことを報告している。その上位は、1位がP2Pワーム型の「P2PAdware.a」(30.3%)、2位がトロイの木馬(ドロッパー)型の「Peerad.a」(17.8%)、3位がP2Pワーム型の「Kapucen.b」(7.6%)、4位がP2Pワーム型の「Padonak.b」(7.2%)、5位がP2Pワーム型の「VB.fc」(6.1%)となっている。同社では、これらの悪性コードはどんな種類でも、ゲームをしているあいだに侵入させることが可能であり、ユーザに気付かれることなく完全にハイジャックされる可能性があるとしている。


G DATA Software
http://www.gdata.co.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×