深刻化する ID 窃盗 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.24(水)

深刻化する ID 窃盗

国際 海外情報

IT-Analysis
2003年12月4日 09:53 GMT

 Computer Security Institute が FBI と協力して実施した『2003年 コンピュータ犯罪調査』によると、米国の調査対象者のほぼ 13% がこの一年の間に ID 窃盗の被害に遭ったことがあると回答した。同報告書の作成者は Bloor Research の Fran Howarth 氏。また米国における同年の ID 窃盗による損失額は合計で 500 億ドルに達すると推計された。

 ID 窃盗は、社会保障番号、運転免許証番号、金融カード、銀行口座情報など個人を特定する個人情報の盗用を指す。その情報は、ローンやクレジットカード、雇用、医療サービスそして貸家、抵当権などを不正に入手するために使用される。

 従来、そのような情報が窃取される経緯は、個人の不注意によるものが殆どだった。つまり、個人情報を守るための十分な注意を怠ったことに起因する(具体的には、情報を廃棄する時)。米国の個人情報窃盗者にとって宝の山の一つは、一般家庭や会社のゴミ箱だ。全 ID 窃盗の 70% ほどがゴミ箱に廃棄した情報から盗んだものとされている。

 しかし、インターネットの使用が普及するにつれ、オンライン ID 窃盗も増加しつつある。では、なぜ企業は警戒すべきなのか? 先ず、クレジットカードおよび銀行口座情報の窃盗が ID 窃盗の最も一般的な動機の一つだ。しかし、そのような詐欺事件では通常、消費者の損害の上限が定められており、金融機関に事後処理が委託されるのだ。

 MasterCard 社によると、全ての詐欺事件の中で ID 窃盗が占める割合は 7% で、深刻さを増す問題となっている。さらに、クレジットカードを実際に提示しない決済時の詐欺は全体の 60% を占めている。但し、その全ては ID 窃盗による詐欺事件とは限らないが、急速に増加している領域だ。


[情報提供:The Register]
http://www.theregister.co.uk/

[翻訳:関谷 麻美]

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?m-sc_netsec
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×