ハッカーがポート1080 (SOCKSプロキシーサーバー)のスキャニングを実行 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.13(水)

ハッカーがポート1080 (SOCKSプロキシーサーバー)のスキャニングを実行

国際 海外情報

◆概要:
 iDEFENSE情報局は、TCPポート1080のスキャニングに関する報告件数の増加を示す情報を入手した。このポートは、通常SOCKSプロキシーサーバーと関連を持つ。

 SOCKSは、TCPセッションをファイアウォールホストでリレーするプロトコルで、アプリケーションユーザーによるファイアウォールを超えたアクセスを容易にするものである。このプロトコルはアプリケーションのプロトコルから独立しているため、telnet、ftp、fingerなどの様Xなサービスに使用可能。よって、LAN内のウェブブラウザは、直接ウェブサイトに接続せず、ローカルSOCKSサーバーに接続し、SOCKSサーバーはこの要求をウェブサーバーにリレーする。SOCSKサーバーは、通常要求されたウェブページのコピーを保存する。そのため、後ほど 他のメ[ザーが同じウェブページを要求した場合、SOCKSサーバーはそのユーザーにキャッシュされたページを送信する。

◆情報ソース:
・ iDEFENSE Intelligence Operations, March 27, 2002

◆分析:
 (iDEFENSE 米国) SOCKSプロキシーを使用するとハッカーの身元を不明瞭にできることが、SOCKSプロキシーが注目されている理由である。ハッカーが SOCKSプロキシーサーバーを使用してウェブページを要求する場合、ウェブサーバーは攻撃者のIPアドレスではなく、プロキシーメ[バーのIPアドレスをログする。さらに、攻撃者がプロキシーサーバーを次の攻撃の踏み台として使用すると、帯域幅の問題が発生する。ただし、正しく設定されたプロキシーサーバーでは、このような接続をすることは不可能になっているはずである。しかし、多くのプロキシーメ[バーがデフォルトインストールのモードのまま維持されているため、すべての接続が許可されているのが実状だ。

◆検知方法:
 SOCKSサーバーのデフォルトのインストールには、sockd.confと呼ばれるアクセスファイルが含まれる。プロキシーサーバー経由での接続が全てのユーザーに許可されている場合、sockd.confファイル内に以下の行が含まれている可能性が大きい。

permit 192.168.1.0 0.0.0.0

 また、ユーザーは、ポート1080経由のトラフィック量を監視する必要がある。パケットストリームの量が通常より多い場合は、この脆弱性が利用されている可能性がある。

◆暫定処置:
 Linux Documentation Projectの「Firewall and Proxy Server HOWTO (ファイアウォールとプロキシーサーバーの設定方法について)」の「The SOCKS Proxy Server」で説明されているように、アクセスが許可される全てのIPアドレスからのアクセスを許し、その他のIPアドレスを・M拒否するようにプロキシーサーバーを設定する。例えば、182.168.1.xxxドメイン内の全員からのアクセスを許可するには、以下の行を追加する。

permit 192.168.1.0 255.255.255.0
deny 0.0.0.0 0.0.0.0

尚、本件に関する詳細情報は、http://www.linuxdoc.org/HOWTO/Firewall-HOWTO-11.html で入手可能。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【17:29 GMT、03、29、2002】
 アイディフェンス社の iAlert サービスは下記のURLより
 お申込みいただけます。
http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

    死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  7. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  8. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  9. スバルのキー・フォブに脆弱性あり、オランダ人技術者語る(The Register)

  10. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×