ハッカーがポート1080 (SOCKSプロキシーサーバー)のスキャニングを実行 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

ハッカーがポート1080 (SOCKSプロキシーサーバー)のスキャニングを実行

国際 海外情報

◆概要:
 iDEFENSE情報局は、TCPポート1080のスキャニングに関する報告件数の増加を示す情報を入手した。このポートは、通常SOCKSプロキシーサーバーと関連を持つ。

 SOCKSは、TCPセッションをファイアウォールホストでリレーするプロトコルで、アプリケーションユーザーによるファイアウォールを超えたアクセスを容易にするものである。このプロトコルはアプリケーションのプロトコルから独立しているため、telnet、ftp、fingerなどの様Xなサービスに使用可能。よって、LAN内のウェブブラウザは、直接ウェブサイトに接続せず、ローカルSOCKSサーバーに接続し、SOCKSサーバーはこの要求をウェブサーバーにリレーする。SOCSKサーバーは、通常要求されたウェブページのコピーを保存する。そのため、後ほど 他のメ[ザーが同じウェブページを要求した場合、SOCKSサーバーはそのユーザーにキャッシュされたページを送信する。

◆情報ソース:
・ iDEFENSE Intelligence Operations, March 27, 2002

◆分析:
 (iDEFENSE 米国) SOCKSプロキシーを使用するとハッカーの身元を不明瞭にできることが、SOCKSプロキシーが注目されている理由である。ハッカーが SOCKSプロキシーサーバーを使用してウェブページを要求する場合、ウェブサーバーは攻撃者のIPアドレスではなく、プロキシーメ[バーのIPアドレスをログする。さらに、攻撃者がプロキシーサーバーを次の攻撃の踏み台として使用すると、帯域幅の問題が発生する。ただし、正しく設定されたプロキシーサーバーでは、このような接続をすることは不可能になっているはずである。しかし、多くのプロキシーメ[バーがデフォルトインストールのモードのまま維持されているため、すべての接続が許可されているのが実状だ。

◆検知方法:
 SOCKSサーバーのデフォルトのインストールには、sockd.confと呼ばれるアクセスファイルが含まれる。プロキシーサーバー経由での接続が全てのユーザーに許可されている場合、sockd.confファイル内に以下の行が含まれている可能性が大きい。

permit 192.168.1.0 0.0.0.0

 また、ユーザーは、ポート1080経由のトラフィック量を監視する必要がある。パケットストリームの量が通常より多い場合は、この脆弱性が利用されている可能性がある。

◆暫定処置:
 Linux Documentation Projectの「Firewall and Proxy Server HOWTO (ファイアウォールとプロキシーサーバーの設定方法について)」の「The SOCKS Proxy Server」で説明されているように、アクセスが許可される全てのIPアドレスからのアクセスを許し、その他のIPアドレスを・M拒否するようにプロキシーサーバーを設定する。例えば、182.168.1.xxxドメイン内の全員からのアクセスを許可するには、以下の行を追加する。

permit 192.168.1.0 255.255.255.0
deny 0.0.0.0 0.0.0.0

尚、本件に関する詳細情報は、http://www.linuxdoc.org/HOWTO/Firewall-HOWTO-11.html で入手可能。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【17:29 GMT、03、29、2002】
 アイディフェンス社の iAlert サービスは下記のURLより
 お申込みいただけます。
http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×