SITA の失態、レガシーシステムは脆弱性だらけ 航空業界デジタル化の「低空飛行」ぶり | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

SITA の失態、レガシーシステムは脆弱性だらけ 航空業界デジタル化の「低空飛行」ぶり

昨今、滑走路から飛び立つ飛行機は少ないが、航空業界に技術提供を行う SITA 社が「サイバー攻撃」を受けた後、大量の乗客データがサーバから離陸するのを止めることはできなかった。

国際
SITA の失態「重視するのは事業継続 デジタルファーストの航空会社はほとんどない」
 昨今、滑走路から飛び立つ飛行機は少ないが、航空業界に技術提供を行う SITA 社が「サイバー攻撃」を受けた後、大量の乗客データがサーバから離陸するのを止めることはできなかった。

 このスイスにある企業は、情報の開示にともない、先月(編集部註:2021 年 2 月)、世界の航空系大企業の乗客情報が狙われ、大規模なデータセキリュティ事案の被害に遭ったことを認めた。

  SITA は本誌 The Register にこのように語った。

 “ 影響を受けたすべての SITA パッセンジャー・サービス・システム( SITA PSS )の利用者(航空会社)および関係機関への通知を行っている最中であるため、現時点では漏洩したデータの種類についての詳細は申し上げられません。また、すでに当該事案について乗客への通達および情報の公開を行なっている済州航空(韓国)、マレーシア航空、フィンエアー、シンガポール航空、ニュージーランド航空、ルフトハンザドイツ航空、キャセイパシフィック航空、日本航空以外の関係者企業についても、現段階では確認・公表しておりません ”

 同社がほのめかしたように、これらの企業に収まらず、さらに多くの企業が被害に遭っている可能性があり、その他の航空会社も乗客への注意を促している。

 SITA のウェブサイトによると、200 の国と地域にまたがる航空業界に 2,500 社以上の顧客がいるという。また、同社の技術は「世界各地の就航都市」の 90 %で使用されているとのことだ。
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  3. [まさか本気でそんなに儲かると思った?]サイバー犯罪者さん 職種別給与一覧 ~ 求人広告22万件調査

    [まさか本気でそんなに儲かると思った?]サイバー犯罪者さん 職種別給与一覧 ~ 求人広告22万件調査

  4. ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

  5. ベルシステム24 のベトナム子会社に不正アクセス、コールセンター受託業務での顧客情報漏えいの可能性

  6. 「情報漏えいの可能性を完全に否定することはできない」高野総合会計事務所グループのデータを管理するサーバにランサムウェア攻撃

  7. [ブラックマーケット最新価格一覧] ランサムウェア,ボットレンタル, 盗難アカウント,パスポート, 偽造処方箋, 性恐喝用偽造動画:各USドル表記 ~ コモディティと高級サービスの違い

  8. 非表示設定等が可能なファイル形式の送付を廃止 ~ 永年勤続表彰の教員選考に関するファイルを誤送信

  9. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  10. 支払額倍増の場合も ~ オラクルが Fortune 200 へ Java ライセンスに関する監査書送付を開始

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×