国内co.jpドメイン調査 2002年から2003年への推移状況(2) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

国内co.jpドメイン調査 2002年から2003年への推移状況(2)

製品・サービス・業界動向 業界動向

>> ホスティング事業者のサーバが約1700件ORDBに登録

2003年 事業者別 ORDB登録サーバランキング
1位  OCN         508
2位  C&W IDC       439
3位  DION         348
4位  PROX-COMMUNICATOR  287
5位  PSINet(現C&W IDC)  153
(数字はドメイン数)

 ORDB(ORDB.org http://www.ordb.org/ )とはメールの不正中継ホストを登録したデータベースである。ここに登録されているホストは、いわゆるSPAMメールの中継地点となる可能性がある、もしくは、すでに利用されているホストである。

 これらのランキング上位5社はいわゆる大手のホスティング事業者も含まれている。また、OCN・C&W IDC・DIONは事業者別ドメイン数ランキングでも上位5社に入っていることから、管理サーバ全体になんらかの問題が存在している可能性は否定できない。もちろん、それぞれのサービスのWebサイトでは「安全性」をサービスの特徴のひとつとしてあげているが、その信頼性は疑わざるを得ない。

 以上のことから2002年から2003年にかけてサーバの種類そのものには大きな変動はなかったことが判明した。ただし、サーバのメンテナンスに関しては、適切に実施されているところと、実施されていないところが大きく分かれた結果となっている。とりわけ、SMTPサーバのメンテナンスにいたっては対応が遅いのが顕著に表れている。残念だが全体的に国内における脆弱性の対処はサーバの種類に関係なく不完全な状態なのである。


▼懸念される国内レンタルサーバセキュリティの問題

 以上のことから国内のサーバには数多くの問題が存在しており、レンタルサーバも例外ではないことが判明した。

>> ファイアウォールだけでは安全性は保証できない

 サーバのバージョンが古くてもファイアウォールとIDSの組み合わせにより、不正行為にある程度は対処することはできるかもしれないが、サーバの運用管理がずさんであれば、それらの機器の運用についても疑わしいと言えるだろう。過去のCodeRedやNimdaのような大きな事件が発生しなければ対処されない、まして、大きな事件が発生した後でも対処されていないという現実がある。


株式会社ネットワークセキュリティテクノロジージャパン
技術統括部・部長   岩崎哲也
106-0032 東京都港区六本木1-4-30 25森ビル8F
TEL 03-5545-1801 FAX 03-5545-1818


◇co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期
http://shop.vagabond.co.jp/p-cod02.shtml

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

    「Office 365」のアカウント情報が漏えいすると企業の脅威になる可能性(IPA)

  2. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  3. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  4. 新たにCISOを設置、SOCにCSIRTとPSIRT機能を集約し経営体制を強化(東芝)

  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

  6. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  7. 人の動作に偽装するボットアクセスを検知(アカマイ)

  8. セキュリティ専門家がCSIRTの新規構築、既存の見直し・強化を支援(SBT)

  9. ITだけでなくOT、IoT分野のセキュリティインシデントに早期対応するSOC(日立システムズ)

  10. 自社技術とトレンドマイクロ製品で、ネットワークセキュリティの実証実験(IIJ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×