2003年第2四半期[4月〜6月]不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.19(日)

2003年第2四半期[4月〜6月]不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2003年第2四半期[4月〜6月]の不正アクセス届出データの集計を発表した。発表によると、第2四半期(4月-6月)の届出件数は合計113件と、2002年第3四半期よりほぼ横ばいの推移をしている。しかし、「侵入を目的としたアクセスの届出が増加していること」、「設定不備が原因で被害に遭うケースが増えていること」などから、IPA/ISECは、コンピュータセキュリティ設定の徹底および日常の運用管理によるセキュリティ対策を継続することを呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20030806/03q2.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×