携帯電話でアクセス制御を行うデモンストレーションシステムを開発(インターネット協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

携帯電話でアクセス制御を行うデモンストレーションシステムを開発(インターネット協会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 財団法人インターネット協会は7月7日、携帯電話における不適切な情報のフィルタリングを実現するデモンストレーションシステムを発表した。同システムは、児童にとってのインターネット上の不適切な情報に対処するために開発されたもの。SFSブラウザがインターネットへのアクセスの中継として利用する「モバイルSFS」は、同協会のフィルタリングソフトSFSのエンジンを用いて開発されたフィルタリングサーバで、PICSに準拠したフィルタリングのほか、コンテンツやURLに含まれるキーワードなどにより、出会い系サイトなどへのアクセス制御が可能となる。フィルタリングは、同協会が制定したフィルタリング基準Safety Online2に基づいて行われる。

http://www.iajapan.org/rating/press/20030707-press.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×