携帯電話でアクセス制御を行うデモンストレーションシステムを開発(インターネット協会) | ScanNetSecurity
2022.09.30(金)

携帯電話でアクセス制御を行うデモンストレーションシステムを開発(インターネット協会)

 財団法人インターネット協会は7月7日、携帯電話における不適切な情報のフィルタリングを実現するデモンストレーションシステムを発表した。同システムは、児童にとってのインターネット上の不適切な情報に対処するために開発されたもの。SFSブラウザがインターネットへ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 財団法人インターネット協会は7月7日、携帯電話における不適切な情報のフィルタリングを実現するデモンストレーションシステムを発表した。同システムは、児童にとってのインターネット上の不適切な情報に対処するために開発されたもの。SFSブラウザがインターネットへのアクセスの中継として利用する「モバイルSFS」は、同協会のフィルタリングソフトSFSのエンジンを用いて開発されたフィルタリングサーバで、PICSに準拠したフィルタリングのほか、コンテンツやURLに含まれるキーワードなどにより、出会い系サイトなどへのアクセス制御が可能となる。フィルタリングは、同協会が制定したフィルタリング基準Safety Online2に基づいて行われる。

http://www.iajapan.org/rating/press/20030707-press.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×