5月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

5月のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表(IPA/ISEC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)は、2003年5月度のコンピュータ不正アクセス届出状況を発表した。レポートによると、5月の届出件数は34件(4月は36件)であり、前月とほぼ同水準で推移している。この届出のうち実害があった届出件数は8件。内訳は、侵入被害が3件、メール不正中継が1件、DoS(サービス妨害)攻撃が2件、その他(なりすましによる不正利用など)2件であった。同セキュリティセンターでは、多く寄せられる相談として、「Internet Explorerのスタートページが書き換えられた」「掲示板のリンクをクリックしたら、次々と新しいページが開き、終了できなくなった」といった内容をあげ、これらの被害防止策として、ActiveXやJavaスクリプト機能の設定を無効にするよう呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/crack_report/20030605/0305.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×