ACCSが、2002年度の著作権侵害などの刑事事件について発表 | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

ACCSが、2002年度の著作権侵害などの刑事事件について発表

──────────────────────────────〔Info〕──   【co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期】        /   国内 co.jp ドメイン、ホスト 約23万件の網羅的なデータベースを公開 / _____________________________

製品・サービス・業界動向 業界動向
──────────────────────────────〔Info〕──
  【co.jpドメイン サーバ実態データベース 2003年上半期】        /
  国内 co.jp ドメイン、ホスト 約23万件の網羅的なデータベースを公開 /
_________________________________________________________________________________________/
■■URL、IPアドレス、OSなどのバージョン、事業者名までわかる!■■
詳細→ https://shop.vagabond.co.jp/cgi-bin/mm/p.cgi?cod02_netsec
───────────────────────────────────


 ACCS(コンピュータソフトウエア著作権協会)は、2002年度に会員企業の製品に関連して発生した著作権侵害などの刑事事件について発表した。発表によると、警察に摘発されたのは計19件で、うち7件がインターネットオークションを利用したもので、15件は海賊版の販売に関するものであった。組織内での不正コピーについては、409件の報告があり、423件の前年度とほぼ同じ結果であった。

コンピュータソフトウエア著作権協会
http://www.accsjp.or.jp/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×